プログラミング

【プログラミング初心者】WEBエンジニアになるため1年半かけて勉強したことを公開

【プログラミング初心者】WEBエンジニアになるため1年半かけて勉強したことを公開

自分がWEBエンジニアになるための道のりと、簡単な経緯、そしてどうやって勉強をしたかを公開していこうと思います。

この勉強方法が必ずいい!というものではありませんが、効果的な部分や参考になると思いますので、プログラミング初心者の方はぜひ見ていってください。

きっかけ

自分が始めた理由は大学の三年生の夏の終わりごろ、もうすぐ始める就職活動で自分がなにをしたいのか、どういう生き方をしたいのか悩んでいる時期でした。簡単に就職するのもおもしろくない、どうせなら自分が興味があるやつにしよう!と。

そして思いついたのがプログラミングでした。理由は

  • 「なんとなくカッコイイから」
  • 「極めれば在宅ワークとして働くことができるから」

という安直の理由でした。

ですが、プログラミングのプもしらない自分はなにから始めればいいのかわからなかったので、ネットで簡単に調べると「HTMLからするといい、理由はすぐに動きが見えるから」というアドバイスを見て、というこれまた安直な理由でしたが、勉強を始めるには十分な理由でした。

すぐに大学の図書館へ行き、HTMLとCSSの本を2冊ほど借り、1ページ目から端から端まで書いてあることをすべて見て、試して、失敗して、という繰り返しの日々が始まります。

実際の勉強方法

ここから自分が実践した勉強法を公開します。

まず初めに本を読んでも、サイトを見ても必ず躓きます。なので質問できる人、相談ができる人、またはサイトを使いましょう。

私の場合は田舎の学校で、プログラミングを教えてもらえるような人は周りにいませんでした。そこでリアルタイムで教えてもらえる人はどこだろうと考えたのが

配信

をすることでした。

当時はニコニコ動画の生放送という便利なものがあったので、そこで「初心者、プログラミング勉強」というタイトルにしておけば、少人数ですが少し見てくれる人がいたり、「これはなにを作ってるの?」と興味をもってコメントをしてくれます。

この「周りに見られている環境」というのがとても大事で、一人で勉強をしていても集中ができなくて、カフェなどで勉強をすると集中する理由と似ています。それは「周りの目があるから」です。そして、優しい人だとなぜ躓いてるのか、どうやって勉強すればいいのか、オススメのサイトなど実力者たちが救いの手を差し伸べてくれるのです。

もちろん、なんでもかんでもわからない、教えてくれ!というのも駄目です。まずは自分から調べてみる。調べてみ意味がわからなければ聞く。ということが大切です。

ですが駄目な点もあります。それは

・初心者をいいことに、煽りのコメントが送られてくる
・リスナー同士が喧嘩をし始める(勉強法の違いなど)
・文字で教えてくれるので、イメージしにくい場合がある

という点があります。

一番はやはり、近くにいてくれて見てもらえて、言葉で教えてくれたり、手や図で説明してくれるのがいいのですが、自分はお金なし!人脈なし!家にでたくない!という理由でこの方法で貫きました。

今だとニコニコ動画よりYoutubeのライブ配信のがいいかもしれません。

使っていたサイト

私が勉強で使っていたサイトはこちらになります。

・teratail
・Qiita
・ドットインストール
・progate
・paiza

1つずつ説明します。

teratail

このサイトはプログラミングに特化して質問サイトで、自分で勉強をしていると、必ず躓いてしまうことがあります。そこでこのサイトで質問すると問題点や、アドバイスなどをもらえることができます!また過去にあった問題点なども見れるので、自分と同じように躓いた人の問題点を質問をしなくても、解決に繋がったり、ヒントになることでしょう。

Qiita

Qittaはプログラミングに関する情報共有サイトです。teratailとは違って質問するのではなく、過去に自分が躓いたこと、思いついたこと、考えたことを発信するサイトです。

考え方としてはアウトプットする場所、というイメージです。

自分で躓いてしまったことを忘れないようにメモを取るように、また相手にも伝わるように発信することでしっかり自分の記憶のインプットされるようになります。また人知れず、人助けにもなるので一石二鳥のサイトです。

ドットインストール

超有名なサイトです。人気のプログラミング言語の動画を無料で観ることができるサイトです。ただし、無料登録は3分の動画のみで、淡々と説明していきますが、この3分だけでも十分です。なんだったら本なんて買わなくてもこのサイトだけで勉強できます。

プレミアム会員になると、より詳しい動画を見ることができたり、プレミアム会員のみの動画を見れたりできます。

初心者の方はまず初めにこのサイトで自分が勉強したい言語をざっと動画を全部見てから始めてからでもいいでしょう。

progate

こちらもドットインストールと同じようにレッスン通りに進めたりすることができますが、ドットインストールとは違って「実際に手を動かしてプログラミングを学ぶ」ことができるサービスです。ドットインストールでも動画を見ながら手を動かして勉強できますが、このサイトは「物を作って」次のステップに進めるので、実感がわきやすいです。

例えるなら、プラモデルのようなものです。

こことここを組み立てたら腕ができるよ!説明通りにしてみてね!

といった感じです。なので実感は湧きやすいですが、インプットをしっかりしていないと意味がないので、これだけをするだけのはだめです。

paiza

こちらのサイトは環境構築をしなくてもブラウザに直接入力できるオンラインエディタを採用しており、ドットインストールのように動画を見ながら勉強ができるサイトです。オンラインエディタで画面の動きを見ることができるので、ドットインストールでよくある、「そもそも環境設定できなくて次に進めない」という理不尽なことが起きにくいです。ですが、オンラインエディタになれると、いざ実際に環境設定を組み立てるときにできなかったりするので、最終的にはローカルでも動かせるようにしておいたほうがいいでしょう。(というか絶対できるようになったほうがいいです)

またPAIZAのおもしろいのはプログラミングスキルで就職活動ができたりします。

実はPAIZAの中にテストがあり、そのテストが受かるごとに自分のランクを上げることができます。難問を解けるようになってるころには様々な会社からスカウトがくることでしょう。

ポイント

色々言いましたがプログラミングを勉強するに当たって必要なことを書いておきます。

質問がしやすい環境を作ろう
モチベーションを上げるために、人に見てもらおう
質問する前に必ず自分で一度調べよう
インプットよりアウトプット。
本を読むことより、手を動かそう
慣れたら好きなものを作ろう

自分が悩んだのが基礎構文がわかるようになり、次に何を勉強したらいいのかわからなかった時がありました。もしそうなった場合は基礎構文を使って「物を作りましょう」。

なんでもいいんです。

電卓でも、おみくじでも、じゃんけんでも、ルーレットでも、掲示板でも、ゲームでも

大切なのは習ったことを使うことです。基礎だけでは意味がありません。

そして作ったものは周りに見せましょう。インターネットを通じてでも、友達に見せるでもなんでもいいです。きっとすごい!よくできたね!と褒めてくれるでしょう。人から褒められると伸びます。なんで恐れずにどんどん発信していってください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

私はWEB業界に就職するまでに1年と半年かかりました。最初の半年でHTML、CSS,JavaScriptを勉強し、残り一年はPHPを勉強しています。

モチベーションが下がってやる気がでなかったり、理解ができなくてやる気が削がれたりと色々ありましたが、最終的にはベタ打ちで作ったECサイト&CRMサイトと、フレームワークを使った掲示板のポートフォリオを作り、会社に持ち込んで面接したら一発合格でした。

人間、目標を立て、「必要」だと感じれば必死にそれを学ぼうします。

私が必要だと感じたのは就職するために、ということだけです。

あなたはなぜプログラミングを勉強していますか?なぜ必要なんですか?

このことを一度考えれば自ずとパソコンの前に座り、勉強しているでしょう。

それではまた!

⇩応援の1クリックお願いします!⇩
ブログランキング・にほんブログ村へ

⇩応援の1クリックお願いします!⇩
ブログランキング・にほんブログ村へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。