スキルアップ

ワークショップって?ワークショップサイトもご紹介!

ワークショップって?ワークショップサイトもご紹介!

まずワークショップとは何か?
ワークショップは体験型講座と言われています。

実際に参加して体験できる事が特徴で、様々な事を学んだり創造したりでき、トレーニングをしたりできます。

ワークショップの種類も色々あり、教育研修ビジネス芸術モノづくりのワークショップなどがあるので、スキルアップや問題解決の場として活用している方が多くいます。

ワークショップサイト

ストアカ

運営会社はストリートアカデミー株式会社で、2012年から運営しています。

学ぶことに特化している国内では最大級のサイトになります。

47都道府県で展開しており、登録生徒数も約380,000人を超えています。

サイトを通じて先生と生徒をつないでマッチングして支援をしてくれるサイトです。

ストアカでは先生達が教室やワークショップを告知しているので、それを見て自分の好きな事や興味のある授業などを探し、連絡や予約をして会場などで授業を受ける事ができます。

講座の質も高く、値段なども比較的安いので気軽に授業に参加でき、1回から学べるので生徒からの人気もあり高い評価を受けています。

また、ストアカには評価制度と言うものもあり、生徒からの評価と授業などを継続で開催しているかという2つの条件を満たすとランクが上がる制度があります。

普通のバッジからプラチナバッジまであり、評価制度を参考にして講座や授業を選ぶ事ができるので安心です。

Craftie

Craftieはモノづくりに特化したサイトになります。

モノづくりといっても様々あり、アクセサリークレイアート陶芸絵画ハーバリウムラッピング、染物からお菓子作りまで幅広い種類が豊富にあります。

同じスキルシェアマーケットプレイスのストアカなどと同様なサービスですが

Craftieではものづくりに特化してサービスを磨いてきたので、コンテンツもそれに特化したものが豊富にあります。

メニューの数は現在1000種類程まで拡大しており、現在人気のDIYやレジンを使った小物作り、子供のためのおもちゃ作りなどにも活かせます。

ジモティー

ジモティーは全国の無料掲示板サイトです。

ジモティーでは地域ごとのサイトがあり、個人から企業まで様々なワークショップイベントの告知があります。

種類も豊富にあり、バラエティに富んでいるのが特徴です。

サイト内で投稿者にメールで問い合わせもでき、比較的わかりやすく使いやすいサイトです。

投稿者の評価も 悪い・普通・良い の3段階で見る事ができ、参加者はプロフィールと評価などを照らし合わせながら選ぶことができます。

こくちーず・こくちーずプロ

こくちーず・こくちーずプロともに登録料・手数料無料で利用できます。

イベント掲載数55万件を超えるこくちーずを大幅にバージョンアップして作られたサービスが、こくちーずプロになります。

こくちーずプロに掲載されたイベントなどはこくちーずにも掲載されていて、掲載者と参加者ともに使いやすく見やすいサイトになっています。

こくちーずでは、イベントの申込みの際に1メールアドレス1人のみなので、友達や知人と参加したい場合には代表者1人が申し込みする形でしたが、こくちーずプロでは、チケットの種類を増やして複数人の申し込みができるようになりました。

また、行きたいイベントなどがすぐ見つかるようリニューアルされているため、開催場所や日時などが一覧で表示されていたのに対し、より細かく設定ができ、絞り込んで検索ができるようになりました。

その他、キャンセル待ちの受付もできるようになっているため、人気が高く予約できなかったイベントなども、キャンセルが発生した場合にはすぐ予約できるチャンスが増えるなど、従来のサービスがより使いやすく強化されています。

イベントナビ

イベントナビはご紹介してきたサイト同様、費用は無料のイベント告知専用サイトになります。

使い方もシンプルで、お好みのイベントをキーワード検索に入力するだけで検索できます。

その他、都道府県別や開催日時でも検索が可能です。

また、ジャンル選択や絞り込みもできるため

ママさんや子供向け、学生や大学イベントなどのおおまかな検索も行う事ができます。

EventForce

EventForceの特徴としては、参加者同士の交流ができる事です。

友人や知人などでイベントの情報の共有する事ができ、おすすめのイベントを通知してくれる機能もあります。

また、サイト内で頻繁に特集などが開催されており、登録イベント数も40万件以上と豊富です。

使い方も他のサイト同様に、細かい検索機能や便利な機能も多く、Gカレンダーやツイッターなどと連携できる機能もあります。

その他

子供向けワークショップ専門サイトCANVAS

47都道府県の子供向けイベントなどが豊富にあり、物作りからプログラミング、野外での自然と触れ合えるようなイベントが集まっています。

未就学児から大人まで参加できるものが多く、当日参加できるイベントなども告知されています。

歴史や文化などが学べるワークショップサイトTABICA

他のサイトでは味わえない体験などができるTABICAでは、一風変わったイベントに参加ができます。

お寺の尼僧さんの暮らしぶりを体験するイベント農家さんの暮らしを味わう事ができるなど、多彩なイベントが開催されています。
地元や近郊の方はもちろん旅先で利用する方も多く人気なサイトです。

すべてのイベントには保険が適用されるため安全・安心して参加する事ができます。

IT系のイベントが豊富なサイト「connpass」

毎日のようにIT系イベントが豊富に開催されています。

事前決済の手数料が業界最安値で利用でき、参加者にとっては嬉しいiPhoneアプリがあるため、会場にたどり着くまでのサポートなども充実しています。

友達や知人と参加ができ、イベントに友達などが参加した場合に通知でお知らせしてくれるなどの機能もあります。

また、ブックマーク機能があるため、気になったイベントを複数比較して検討したい場合などに、あとから見る事ができます。

上級者だけでなく初心者向けのイベントも多くあり、サイト内でのお疲れ様メール機能を使いイベント参加者一覧から出会った人達とツイッターなどで繋がる事ができる為、交流の幅を広げる事に活用できます。

まとめ

特定の分野の専門家などが講師をして、一方的に話をしたり質疑応答するスタイルのセミナーとは違い、参加者が主体となって自身で体験などができるワークショップは徐々に人気が出てきています。

自分のスキルを高めて趣味や仕事に活かしたり、参加者同士で話し合う場面も多いので

自身の行動を通じて様々な事を学べるメリットが大きいのです。

ワークショップを活用して、様々な体験にチャレンジしてみましょう。

⇩応援の1クリックお願いします!⇩
ブログランキング・にほんブログ村へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。