考え

成功する人はどんな人?成功するための8つの法則

成功する人はどんな人?成功するための8つの法則

成功したい

活躍したい

人気者になりたい

多くの人は何度かこの考えを持ったことはないでしょうか?

成功するにはどうしたらいいのか?

  • 真似をすること
  • 本を読むこと
  • 人の話を聞くこと
  • やり抜くこと

大体この4つだと思っていました。

そして成功する人はどんな人なんだろうか?

  • 才能?
  • 環境?
  • 頭の良さ?
  • 運?

たくさんでてきますよね。

しかしリチャード・セント・ジョンが7年もかけ、成功者500人にインタビューし、研究して判明したことは、上に書いてあることではありませんでした。

ではそれはどういったものなんでしょうか?

今回はTEDプレゼン、リチャード・セント・ジョンの

「成功者だけが知る、8つの秘密!」

をかみ砕いて紹介しておこうと思います。

これから新しいことを始めたり、挑戦したい方にとっては見て損はしない内容です!

成功の秘訣1

1つ目は熱意

人はお金では心は動かしません。

今やっていることが好きかどうか

やり続けたいと感じるか

お金を儲ける、お金をかけてでも続けたい

という熱意が必要となります。

さらにおもしろいことにこの「熱意」に従えば

自ずとお金は後からついてくるのです。

成功の秘訣2

2つ目は働く

全力で働くことを楽しむこと。

成功するために働いて、そしてそれが困難であることを重々承知であるが

それでもやっていて楽しいと感じることが大切になります。

成功者は働くことが楽しいと感じ

「もう仕事が楽しくて、今は他のことはいらない!」

というくらい、成功者は働くことを楽しんでいます。

成功の秘訣3

3つ目は特技を持つこと

成功するためには自分の特技が大切になります。

特技がないなら作るしかありません。

作るためにはひたすら

練習

練習

練習

練習あるのみです。身に着けるまで練習です。

近道はありません。成功したいのであれば練習のみです。

成功の秘訣4

4つ目は一点に集中する

あれもこれもと手を出して、どれも中途半端に終わってします。

そんなことはないでしょうか。

するべきことは1つに集中するべきです。

人間の集中は限りがあります。

タスクを分散してしまうと、その分集中力も分散してしまいます。

1つのものに対して成功したいなら100%を注ぐことが大切になります。

成功の秘訣5

5つ目は自分の背中を押す

自分を後押ししましょう。

物理的にも、精神的にも常に押し続けること

前に進むことです。

友達や家族に応援してもらってもいいですし、自分を追い込んで背水の陣でもいいです。

前に進まない限りは成功しません。

恥や自信のなさは二の次です。

一歩一歩進むことが大切になります。

成功の秘訣6

6つ目は人の役に立とう

多くの人はお金持ちになりたいと答えます。

しかし自分の役に立つというのは難しいです。

だから人の役に立つこと、人に何かを与えることが

唯一のお金持ちになる方法になります。

成功の秘訣7

7つ目はアイデア

ビルゲイツは世界で唯一のコンピューターを作りたいというアイデアのもと

マイクロソフトを作り、世の中にパソコンという人類の生活を大きくかえたものを生み出しました。

アイデアを思いつくのは早々簡単なものではありません。

しかし、考え、アイデアを出していくことが大切になります。

成功の秘訣8

8つ目はやり通すこと

続けること、やり抜くこと

努力を惜しまない、倒れない、失敗しても諦めない

向かい風でも周りになにを言われようと続ける心が必要です。

批判

無視

馬鹿にされる

プレッシャー

全てをはねのけて自分を奮い立たせて進む、強い心が大切になります。

まとめ

  • Passion(熱意)
  • Work(働く)
  • Good(特技)
  • Focus(1点集中)
  • Push(押す)
  • Serve(役に立とう)
  • Idea(アイデア)
  • Persist(貫徹する)

以上が成功者500人に聞いた成功の秘訣のまとめになります。

いかがでしたか?

もしかしたらどこかの本や映画で見たことや聞いたことのあるような言葉だったかもしれません。

しかし、7年かけて500人に聞いたインタビューをもとに作成した

リチャードさんの研究結果の内容は本物だと私は感じています。

言葉では簡単ですが、実際に行動するということとなると、並み大抵のことではないと思います。

しかし、その気持ちは

どれだけ成功したいか

という気持ちが持てるかどうかなのです。

人生は一度きりです。

ぜひこれを参考に、一歩前に進む手立てになれたならと思います。

⇩応援の1クリックお願いします!⇩
ブログランキング・にほんブログ村へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。