SEO

【初心者必見】SEOのメリット、デメリット

【初心者必見】SEOのメリット、デメリット

おはこんばんにちわ。

ブログを書き始めてる方、もしくは書いてる方なら聞いたことがある「SEO」という単語、実際どういう意味かご存じでしょうか。

もしかしたら初めて聞く方もいるかもしれません。

SEOとは

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、検索エンジンに向けてWebサイトを最適な状態に近づけること(検索エンジン最適化)を意味します。

検索エンジンでの検索結果で自社サイトを上位に表示させたり、より多くユーザーに閲覧して貰うことを目的にSEOに取り組みます。

wiki参考

つまりSEOに取り組むことで、自分の書いた記事、例えば「お金持ちになりたい」という記事を書いており、誰かが「お金持ちになりたい」と検索した際に、

検索結果で自サイトを上位に表示させることができるのです。より多くユーザーに閲覧して貰うことを目的にSEOに取り組みます。

こうした成果(コンバージョン)を得る為には、検索エンジン(Google,Yahooなど)のアルゴリズムの理解を深めて、質の高い記事を提供するようにSEOに取り組むことが重要となります。

そこで、今回はSEOの基礎について紹介していこうと思います!

SEOはなぜ必要?

見込み客を取り入れる

なぜここまでSEOが大切だ!SEOは必須だぞ!と言われているのでしょうか。

それは検索エンジンから自サイトを売り込み、そこから繋がる成長を見込んでいるからです。そのWebサイトを通じてお問い合わせや閲覧数が増えれば、個人で持っている「商品」を紹介、または売ることに繋がり、売り上げが上がれば当然他の事業にも繋がるからです。※商品なんてもってないよ!という方は例えばアフィリエイトとかで考えるといいです

成果に繋がるためには自分のサイトが必要になります。例えばWordpressを作成し、ブログサイトを運用、そこから特定のキーワードを選定、対策を行い検索上位を狙うことで、不特定多数のユーザーを集める必要があります。

そうすれば自サイトを流出することができるので、成果を見込みが期待できるのです。

逆にSEOを取り組まなければ、自サイトは検索されることは難しくなり、そうなるとインターネット上にいるユーザーには見てもらう可能性が激的に下がります。

こういった状況を回避するために、サイトを持つ企業や個人ブロガーなどはSEOを実施する必要性がわかっているのです。

検索エンジンは常に進化する

しかし、検索エンジンは、ときにユーザーに不要な情報を返すことがあります。

これは、検索エンジンが不完全であることを意味するのと同時に、これを補うために、定期的に検索アルゴリズムをアップデートして、検索結果を入れ替えています。

要するに、アップデートごとに進化しているということです。

そうなってしまっているのも、WEBサイトを作成している側が低品質のコンテンツを提供(見ても利益にならない記事など)してしまっている裏返しとなってしまっており、検索エンジンを運営する会社からすれば、使用するユーザー離れにつながってしまうので、不都合です。

こうした状況を回避して利益を確保するために、検索エンジンにとって「SEO」が必要不可欠なのです。

SEOのメリット

ユーザーが求めるものを考える

上記のこと少し被っているかもしれませんが、次にSEOを実施するメリットについて話していきます。

まず、は検索されることで不特定多数のユーザーに見てもらえる確率が上がります。

例えば、キーワード選定を行い、「ユーザーは何を求めているのか?」を盛り込んで良質な記事を作成したとします。

そうすれば、検索エンジンにも評価されやすくなるので、その記事に該当するキーワード順位の上位化により、見込みのあるユーザーがその記事を求めて閲覧します。

サイトは資産になる

次にSEOを実施して、育てたサイトは資産になる点です。

SEOにしっかりと取り組めばサイトの最適化につながるので、その分Webサイト自体の資産価値が高まります。

例えば、ユーザーにとって有益な情報を与えられる良質な記事を地道に増やして

質の高いブログを作ったとしましょう。

そうすれば、増やした良質な記事は手元に残ります。

そして、その記事を運用し続ける限り、自ら積んだ実績として一生の財産となります。

ちなみに、数万アクセスを集めるサイトは、数十万円〜数百万円で売ることもできます。

例えばこちら

こうして、手間をかけた記事を運用し、管理することによって資産化できる点が、SEOを実施することのメリットの1つです。

SEOのデメリット

すぐに結果にでない

SEO実施メリットについて説明しましたが、メリットばかりではありません。

次はデメリットについて解説します。

まずは、効果が出るまで時間がかかる点です。

SEOを実施したからといって、すぐには結果はでません。

SEOを実施しても検索順位が思うように上昇しなかったり、結果がでるまで数カ月かかることもあります。

例えば、ドメインを取得して間もない新しいサイトを公開したとしても、すぐに検索上位にでることはほぼありません。

その場合、ユーザーにとって有益な質の高い記事を増やして、サイトの質を高めるように時間をかけてSEOを実施する事が大事です。

そうすることで、より信頼できるサイトに仕上がって、サイト自体が検索エンジンに評価されやすくなります。

そうする事で、数か月ぐらいで、Webページに付随するキーワードの順位が上昇して、検索流入が見込めるようになります。

このように、上位化やアクセス増大といった効果が出るまで時間がかかりやすい点が、SEOを実施することのデメリットの1つと言えます。

一方、リスティングは、SEOよりも即効性があります。

正しその場合は費用がかかってしまいますが、ユーザーに対しての認知度は高まります。

SEOはしっかりと対策を練りながら、地道に更新する事ができたら、数ヶ月後にはある程度の効果を得られます。

知識を身に着ける必要がある

しかし、何年経っても効果が得られないケースがあります。

SEOの知識が乏しい状態でWebサイトを運用しても、思うように順位が上がらなかったリ、検索されなかったり、諦めてしまう人も多数います

例えば、会話する際にずっとおもしろくない話を永遠と語られたらどうでしょう?有意義に感じられませんよね。

それと、同じで、ユーザーが求めている情報を考慮せずに、自分の言いたい内容だけ、発信するサイトを見る人はそうそういません。

SEOを実施する上で、大事なことは

ユーザーがどういった情報を求め、何のために情報を発信するのか?

常に分析を行い、自分にとってではなく、ユーザーにとって良質なコンテンツを提供し続けることです。

まとめ

いかがでしょうか?

シンプルに一言でまとめるSEOとは

検索エンジンにどれだけ信頼がおかれているか

ということです。

その信頼を勝ち取るにはユーザーが求める情報をどれだけギブできるかです。

100人が求める情報を50人渡せれば50人分のランキングが上がるといった感じです。

SEOを行うことで、見込み客の獲得、売り上げの増加に繋がること、しっかりSEOを実施したサイトが資産になるということがわかったと思います。

地道にコツコツ、良質なコンテンツを作り続け、サイトを育てる事が重要なのです。

 

⇩応援の1クリックお願いします!⇩
ブログランキング・にほんブログ村へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。