SEO

【ブログ運用】オウンドメディアってなに?わかりやすく解説!【初心者必見】

【ブログ運用】オウンドメディアってなに?わかりやすく解説!【初心者必見】

みなさんこんにちわ。

オウンドメディアというのを知っていますか?

オウンドメディア(OwnedMedia)とは

「自信で保有するメディア」のことを言います。

通常はパンフレットや自身のサイトなど、すべてを指しますが

インターネットの中では自身で運営・情報発信を行う無料ブログサービスのような

サイトを最近では言われるようになってきています。

他にも様々なメディアがあり

ペイドメディア(広告などを出稿するライバル企業のWebページ)

アーンドメディア(FacebookやTwitter、CGMなど自社からの情報を発信可能なソーシャルメディア)と取り合わせて施策を行う事でいろいろなユーザー層に接触する事ができます。

などがあります。

今回はブログを運用していくうえで必要な知識、オウンドメディアについて解説していきたいと思います。

【アフィリエイト基礎】リターゲティング広告の仕組み【初心者必見】【アフィリエイト基礎】リターゲティング広告の仕組み【初心者必見】 おはこんばんにちわ。 以前【超基礎】リスティング広告とは?メリ...

なぜオウンドメディアが注目されるのか?

オウンドメディアが注目されるようになったのは、SNSが拡大したためです。

その背景には実は海外のSNSが人気になったからです。

2011年〜2014年にかけて、FacebookやTwitterなどの海外のSNSが拡大し、ユーザーを多く集め、注目されました。

そして、それを自社の広告に応用しようと、ソーシャルメディアマーケティングとは呼ばれる人気が起きました。

その後、ソーシャルメディアだけでは自社の成果に繋がりにくいがわかり、自社のウェブサイトをコンテンツメディア化して、SEOやSNS対策も併せて実施する技術が登場しました。

それがオウンドメディアが伸びてきた背景になるのです。

オウンドメディアの目的とは?

なぜオウンドメディアを使用するのかというと、自社の商品やサービスを認知してもらうためです。

最初に狙うもの、製品・サービス周囲の情報だけ満喫させていても、見込みユーザーが自発的に検索して、サイトを探してくれるわけではありません。

さらに、広告費を支払ってペイドメディアへ出稿して露出を行っているわけですが

もう一つの入口としてオウンドメディアを運営しておくと、より広くな見込みユーザーに対してアピールすることができます。

自身発信、商品・サービス・を好きになってもらうために

製品やサービスのページだけでは語りきれない「考え」を伝えるコンテンツを配信する事で、そして最初に接触した潜在ユーザーを見込みユーザーに変更し、最終的にリピーターへと育てていく事ができるのです。

オウンドメディアとコンテンツマーケティングの違いとは?

オウンドメディアとコンテンツマーケティングは何が違うのでしょうか?

一見似てるような気もします、この2つには違いがあります。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは、ユーザーに価値のある情報を提供し、ユーザーとの信用を培い、自社のアイテムやサービスを提供、リピート化・ファン化させる事を指しています。

コンテンツマーケティングは、手段としての「コンテンツ」に注意した見解で、インバウンドマーケティングは、プル型かプッシュ型かという相違に注意した見方だと言えるでしょう。

インバウンドマーケティング

インバウンドマーケティングは、これまでのプッシュ型の広告技術や提供方法ではなく、プル型のマーケティングをすべきだという見方です。

自身のサイト、無料ブログサービス(=オウンドメディア)を構築して検索やSNSで拡散させる点で、オウンドメディア施策と共通点があります。

オウンドメディアは施策の局所として構築する事が多々あるですが、メールや動画、プレス新登場など、多様なコンテンツを取り合わせて実施するのがコンテンツマーケティングです。

オウンドメディアを立ち上げるには?

情報を発信しファンを生みだす

ファンを生み出し、ファンを定着させるのも、オウンドメディアの役割です。

オウンドメディアで情報を発信し続ける事によって、継続的に文章を閲覧するユーザーも増大してきます。

検索にしきりに引っかかるようになれば認知度は上がり、意識的にアクセスするユーザーも出てくるのです。

アクセス数が増えれば、自然とそのWebページを運営している人や、そのサイトの供給しているサービスや、商品の事を知りたいという人が出てきます。

そこから、実のあるサービスや商品のことを知り、活用したりして、ファンができていきます。

皆さんにもよく見るサイトを閲覧しているあると思いますが、そのサイトを気に入っているから見ているんですよね。

サイトの製作者や管理人の反対には、きっと好意的なフィーリングを持っているはずです。

無論、継続的に見ている人でなくても、多くの文章を掲載しているサイトには安心がありますよね。

それだけのコンテンツ発信は可能性の高い、技術と情報があるという事になるからです。

では次に気をつけるべきキーポイントを見ていきましょう。

すぐに結果をもとめない

オウンドメディアをスタートしたはいいが、閲覧数が少ない。。。なんてことはきっとあるでしょう。

つまり「自分のサイトなんて価値がないのか・・・

と思い諦めてしまうことが多いのです。

けれども、オウンドメディアは立ち上げても、すぐに結果を求めるべきものではないのです。

「オウンドメディアの目的は?」でも書いたように、テキストを増やす事でちょっとずつ検索に引っかかってくるようになり、継続的に閲覧するユーザーが増大し、サイトのファンが現れて、定着するのです。

ここに至るまでには、もちろん時がかかります。

ちゃんと文章を書き続ける事が大事です。

オウンドメディアで影響を出すためには最低でも100のコンテンツが必須とも言われます。

少なくとも数日に1回、決まった的に更新し続ける気持ちが大切です。

オウンドメディアは年刻みのスパンで考慮するマーケティングツールだという認識を忘れず、自分のペースで着実に育てていくようにしましょう。

ユーザーの求める情報を、ユーザーがたどり着ける形でコンテンツを仕上げるうえでいつも意識しなければならないのが、ユーザーのニーズに応える情報を用意できているか、という事です。

如何なるオウンドメディアであっても、もちろんながら自身の得手不得手に関連する情報を発信するものです。

当然、普通にはそれが発信する会社にとっても読み手にとっても良い面になるのですが、時にはディープすぎたり、会社側の目線になってしまったりして、ユーザーが現実に欲しがっている情報からずれてしまう事もあります。

どんなにその独自の情報であっても、ユーザーが求めているものでなければ誰も見てくれません。

なんでもそうですが、ユーザーの目線に立って、ユーザーのことを考えて発信することが大切なのです。

他にも、有用な情報がここにある、という事をびしっとアピールしなければいけません。

あたりまえですが、見つけてもらわなければいい情報も読んでもらえないからです。

まとめ

いかがでしたか?

オウンドメディアについて理解できたでしょうか?

オウンドメディアは「資金」がなくても誰でもとりかかる事ができ、ユーザーの役に立つ情報を発信する事で確実に成果が得られるものなのです。

ぜひ一度試してみてください。

⇩応援の1クリックお願いします!⇩
ブログランキング・にほんブログ村へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。