SEO

【ブログ運用】キュレーションメディアってなに?わかりやすく解説!【初心者必見】

【ブログ運用】キュレーションメディアってなに?わかりやすく解説!【初心者必見】

こんにちわ。

近頃、電子機器の発達やインターネットの拡大により、情報収集は自分の手の届く範囲なものとなり、みんな手っ取り早くに行える様になりました。

そしてその際に、キュレーションメディアという言い回しを聞く機会が増えてきていないのはないでしょうか?

「キュレーションメディアてたまに聞くけど、どういう意味かいまいちわからない」

そのような方のために、キュレーションメディアについて解説していきます。

キュレーションとは?

キュレーションとは、Web界隈では

特定の切り口でインターネット上にある情報を選定し、公開するという意味合いの会話です。

元は博物館や美術館などの展覧会などを企画する「キュレーター」から派生した言語で、

キュレーターは様々な美術品などから、展示テーマに組み合わせて中身をキュレーションする職業の人を指します。

インターネット上では定期的に大量のコンテンツが生まれており

すべての情報を見極めする事はほぼ不可能ですよね。

そんな訳で、自分に代わり、必須な情報をピックアップしてくれるキュレーターやキュレーションメディアの影響が有用されるようになりました。

メジャーな媒体サイト

Gunosy

NAVERまとめ

スマートニュース

キュレーションメディアが数多く立ち上がる要因

キュレーションメディアが数多に立ち上がる要因は大きく2つあります。

それは低必要経費かつ大量にアクセスが見込めるという点です。

低コストキュレーションメディアコストが安いため、ベンチャーや予算のあまりない上場会社でも手間なくに立ち上げる事ができるです。

大量アクセスが見込める加えて、大量のテキストを品質よりスピード優先で更新するため、情報を必須とするユーザーのアクセスを問題なく集めることができます。

キュレーションメディアで収入を上げるモデルとはキュレーションメディアから利益を得るテクニックとしてはだいたい4つの技術があります。

それは

  • 自動広告
  • 有料課金
  • 成功支払
  • アイテム提供

です。

これらは単独の媒体で用いられるだけでなく、複合的にまとめ合わせて収入を拡大させる事もできます。

クリック(CPC)課金やインプレッション(CPM)課金といった広告収入は、手っ取り早くに導入できますが、もっとも利益の少ない収入広告です。

文章を読むために課金システムを設けるメソッドは自身で作ったコンテンツに適用できます。

成功見返りはライバル企業のアイテムなどを提供できた事例に、アイテム提供は自社のアイテムを提供できたケースに各々収入が現れてします。

キュレーションメディア長所として、どんなテーマであっても、それにマッチした中身の情報を集めてくれば良いので、特に領域を限定される事はないのです。

キュレーションメディアの作るには?

キュレーションメディアの一例をみてもわかるように、こうしたキュレーションメディアは、ますます発信される情報の総量が増大していく中で、今後も強いニーズが見込まれます。

そんな訳で新しくキュレーションメディアを立ち上げる時に必要なレシピを紹介していきます。

仕込みと制作についてキュレーションメディアは、完成させるまでと、作った後の運用という2つの段階があります。

初めに立ち上げるまでの段取りからです。

ニーズのチェックはじめに行う事は参入する専門やテーマを決める事です。

そもそもニーズがあるのか?

どれほどのキーワードが多く検索で使われているかなどを詮索していきます。

この時点で想定するターゲット層も絞り込む事になりますが、それによってどれほどのコンテンツが好まれるかも見えてきます。

テーマに関連するテキストや投稿がいろいろオンラインに投稿されているほど、収集もしやすくなります。

競合についても分析が必要で、似たテーマで運営されている競合が先にいるか検証し、そのコンテンツの中身や構成、収入のメソッドなどを調査します。

より多くの企業が参入しており、自分との資金との差が生まれていそうであればそのコンテンツからは逃げましょう。

勝てない戦はする必要がありません。

すでにその競合のユーザーを奪わなくては競争に負けてしまうので、勝つためのストロングポイントを用意をしなければなりません。

コンテンツ製作・運用について参入専門やテーマが決まれば、後はひたすらコンテンツを付け足ししていく運用が始まります。

キュレーションメディアにおいてしきりな更新は欠かせない前提です。

運営していくためにはスタッフが必須です。

もし運営するなら、毎日数十件以上の配信を続ける事の可能なシステム作りが求められます。

それによりには、専属のチームを作り、資金を集め、外注なども積極的にしていく必要もあるでしょう。

特に大事なのが運用や分析する人です。

キュレーションメディアへのアクセスは、検索エンジンとSNSからの流入がおおよそを占めます。

検索エンジンにそれに対しは毎日のSEO対策が欠かせません。

そして、SNSについては、自身でもアカウントを取得して運用するとともに、いかに拡散されるかが大切となります。

タイトルやイメージのクオリティひとつでも、その数字は大きく変わってしまいます。

そうしたデータをリアルタイムに取得・分析してフィードバックしていく事で、メディアとしての改善が進み、それがアクセスや利益に大きく関わっていくでしょう。

キュレーションメディアの注意点

キュレーションメディアが数多く立ち上がる要因や収入の仕組みについて、低費用で、大量アクセスを集められる、軌道に乗れば、多くの利益をあげられるという事がわかりました。

ただ、キュレーションメディアが大きく注意された事による弊害もあります。

キュレーションメディアはアクセス数を稼ぐために、とにもかくにも大量の投稿を短期間で生産する必要があります。

その結果、集めた情報に対して事実検証が不足していたり、記事やイメージなど情報の権利者に報告せず、無断転載をしていたりという事例が頻発したのです。

その結果、キュレーションメディアによって事実か如何にかわからず、著作権を侵害した文章がインターネットに大量に溢れました。

検索上位にヒットするキュレーションメディアの投稿が、ユーザーの検索行動の障害になってしまったのです。

直近では、無断転載や事実見極め不足が多かったキュレーションメディアは閉鎖され、淘汰が進んでいます。

他Webページの情報を引用している投稿はユーザーも事実かどうか参考にしながら読む不可欠があり、ネットリテラシーがますます肝心になっています。

キュレーションメディアは読む側は情報の信用度をちゃんと見極め、製作する側は正しい申込み手順で情報を集める事が求められます。

そのハードルを達成支障がなければ、知りたい事が整理られ、パフォーマンスよく情報が手に入るメディアです。

まとめ

いかがでしたか?

スマホが浸透し始めて、私たちの生活も大きく変わりましたが

情報を渡す側にも大きく変わってきています。

情報の海であるインターネットで正しく、そして自分が欲しいと思う情報を手にするには自分自身で見極めが必要になってきています。

キュレーションメディアのように絞られている情報であればある程度探す手間もなくなるので、やはりありがたい存在ではあります。

他にも多くのキュレーションメディアはありますので、自分に合ったものを見つけてみると楽しいかもしれませんね。

それでは!

⇩応援の1クリックお願いします!⇩
ブログランキング・にほんブログ村へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。