考え

【9割がこれ】なぜ結果がでないのか?【超重要】

⇩応援の1クリックお願いします!⇩
ブログランキング・にほんブログ村へ

【9割がこれ】なぜ結果がでないのか?【超重要】

こんにちわ。

みなさんは今何か目標を決めて行動しているでしょうか?

そしてその目標を達成できそうでしょうか?

多くの人は目標を決めて行動をし、黙々と作業をしていますが、結果に繋がらなくなったら挫折し、諦めます。

なぜ結果に繋がらないのか?

ボトルネックという言葉を聞いたことはありますか?

ボトルネックにはいくつか意味がありますが、代表的なのは「上手くいかない原因」です。

ボトルネックはあの大手企業TOYOTAでも使われている手法です。

目標を達成するには重要なものになっています。

今回はそんな目標を達成するためにボトルネックを利用した目標を定めるための手順を紹介していきます。

ボトルネックとは?

ボトルネックとは

今、最も力を入れるべき場所

という意味です。

先ほど上記で話したTOYOTAは世界でトップに君臨するほどの効率性を持っています。

なぜこの効率性を維持できているのか?

それはボトルネックを常に意識し、作業の改善を繰り返しているからです。

最も力を入れるべき場所というのは、その作業において集中するべきポイントであり

最も大きな結果がでるポイントでもあります。

逆に言えば、ボトルネックが間違っていると結果には繋がらないということです。

こういう方は多いですよね?

2,3年頑張っても結果がでませんでした。

毎日、6時間作業をしているのに全然成果がでません。

とか。もちろんこの努力を継続するのは素晴らしいことです。

ただ、結果に繋がらなければ時間を無駄にしたのと一緒です。

この結果に繋がらないことをしてしまっては、結果を出すのに時間がかかってしまいます。

しかし、やること多くあるのもわかります。

生活のことや本業のこと、友人関係や家のことなど。

しかし、やらなくてはいけないことの優先度を適当に決めてしまっているのです。

やることが多くあったとしても、優先順位を高いものを明確にしていく。

そして実行していくことで、作業の効率化をすることができるのです。

ボトルネックのイメージ

ボトルネックのイメージとは鎖です。

その鎖の強度を高めていくというのが、自分をやるべきことです。

大きさや、太さ、小さいものがあります。

いろんな鎖が連なっている。

その鎖全体の強度を高めていくのが自分の目標を達成することに繋がります。

ではその場合、どの鎖を強化していけばいいのか?

これはとてもシンプルな答えで

一番小さくて、一番強度の弱いチェーンです。

ここを強化していかない限り、例えその他の強くて太い鎖の強度を上げていく作業をしたところでその一番弱いチェーンの強度を上げない限り、鎖を引っ張った時

その鎖の連なっている強度というのは変らないのです。

力を入れるところを間違えると、その労力や時間やエネルギーは無駄になります。

成功をしない人はこの最も弱い鎖の部分ではなく、既に太く、強い鎖を強化しようと作業を行っているのです。

ボトルネックの一例としては

ブログを毎日書いてるけど、人がこない。それならもっと記事を書こうとか

勉強をしているけど、資格が取れない。それならもっと時間を費やそうとか

重要なのはブログであれば、人を集めるために、記事の見直しをしたり

勉強であれば頭でしっかり理解しているかどうかのためにアウトプットをするなど

目標のために行動が正しく行っているのか?ということを常に考えて行動することが大切なのです。

なんとなくボトルネックのイメージは沸いたでしょうか?

このボトルネックというのは力を入れる場所は常に変わっていきます。

一番弱い鎖が強化できたら、次の弱い鎖を強化していきます。

そうすることで、弱い部分はなくなっていく、全体的に強い鎖が完成することができるのです。

ボトルネックの見つけ方

次にボトルネックの見つけ方をご紹介します。

具体的に見つけるための5つのステップを実行していきます。

1つ目 目標を設定する

目標がないと、何がボトルネックなのか見つかりません。

目標がないと、何を目的のためにするかがわからないと作業をする意味がないからです。

2つ目 自分の現状を書き出す

自分の現状を書き出すことで、現状を把握し、目標を達成するための必要なことや物が

見えてくることができます。

3つ目 自分が毎日行っているタスクを書き出す

自分の一日の行動を把握するためにノートや、メモでもなんでもいいので

書き出してください。

朝何時に起きて、何を始め、何時に仕事に行き、何時に仕事から帰ってきて、何時に寝るか

一日の自分のスケジュールを細かく書いていきます。

4つ目 書いたスケジュールの中で目標に達成するための行動をいくつできているか〇をつける

例えば英語を身に着けることが目標であれば、一日のうちのどこかに単語帳を開いて勉強をした。ということであればそこに〇をつけます。

そういった目標を達成するために繋がっている行動を全部〇していきます。

これをすることで一日うちにどれくらい自分が目標を達成のための行動をしているのかが一目でわかるようになります。

それが自分の現状となるわけです。

5つ目 その〇をつけたものに、最も目標達成のために重要なことに花丸をつける

この花丸をつけることで、最も力を入れるためのボトルネックになります。

この花丸をつけたらあとは優先順位を1つ1つ確認して、毎日のタスクに追加していきます。

達成ができたら、また新しい花丸を探し、鎖を強化していくのです。

まとめ

いかがでしたか?

なにか達成をしたいなら目標を立てろ!

とよく言われてると思いますが、目標を立てるのにもちゃんとした順序があるのです。

適当に目標を立てたら、適当に作業をしたり、結果に繋がらなかったりとかなり遠回りにな結果になってしまいます。

今日からでもすぐ実行できるボトルネックを試して、自分の目標達成のための行動をしっかり行っていきましょう!

それでは!

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。