裏技

【ネタ切れ】ブログネタを解決する8つの方法【解決】

⇩応援の1クリックお願いします!⇩
ブログランキング・にほんブログ村へ

【ネタ切れ】ブログネタを解決する8つの方法【解決】

おはこんばんにちは。

ブログの記事を書こうとしたらキーワード選定からSEO対策、コンテンツの質、など様々なことを最初から準備して記事を書かないといけませんよね。

しかし何より大変なのはブログを毎日書くこと!

そして書く記事のネタをなにをするか悩むことではないでしょうか。

今回はそんなブログネタ切れを起こさないための方法を8つご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

過去に解決した課題や悩みを書く

課題や悩みというのは、どんな分野で活動していても必ず発生するものです。

そして意外にもけっこう他の人も同じことが課題になっていたりします。

多くの人は解決するための方法をインターネットで検索して調べます。

過去の事例を探すわけですね。

そんな時にあなたの書いた記事が検索でヒットするとします。

この時、読者はとても真剣にあなたの書いた文章を読むことになります。

そりゃそうですよね。

自分が今まさに困っていることに対する解決策が書いてあるかもしれないと思ったら
隅々まで食い入るように読み込むはずです。

このときに、あなたの記事がドンピシャにヒットし、課題が解決すれば

その読者はあなたのことを信頼すること間違いなしです。

命の恩人とまではいいませんが、悩み相談して解決してくれた人に対して信頼するのと

同じことです。

あなたが過去に直面した課題や悩みにはニーズがあるので、ぜひ書いてみてください。

過去の記事をブラッシュアップして再投稿する

ブログを書いていると、常にネタを用意して新しいことを書かなければという気持ちになりがちです。

もちろん目新しい内容にはそれだけ魅力がありますし、読者がブログを読んでいるのも

新しい情報が欲しいという目的もあるでしょう。

しかし、いつもいつも新しい情報が仕入れられるわけでもないですし、取り立てて記事にすることが思いつかないこともあるでしょう。

そんな時には過去の記事を引っ張り出してきましょう。

その記事を書いたときと状況が変わっていたら、その変わった点を書いたらそれで
十分有用な記事になりますし、また、その記事を書いたときと今とでは、あなた自身も成長しているでしょうし、その時とは違った視点から書いてあげればそれもまた有益な情報になるでしょう。

つまり、ネタ自体は同じでも料理の仕方をかえれば違った楽しみ方ができるように、ブログの記事も少し視点を変えて書いてあげればそれもまた新たな価値を生みます。

比較を書く

あなたのブログのテーマにもよるので、一概には言えませんが、何かと何かを比較して違いを書いて上げるというのは読者にとって有益な情報になることが多いです。

例えば、あなたが美味しいフランス料理を食べに行こうとお店を探しているとします。

インターネットで検索して検索結果を見ていると、良さげな雰囲気の A 店と B 店の2つのお店が候補として見つかりました。

そんな時に、この2つを味、金額、店のムードなどで比較してくれているサイトがあったら嬉しいですよね。

このようにバラバラになっている情報を同じ視点でまとめて比較してあげる

ということも読者にとっては有益な情報になります。

だいたいどんな分野でも比較して評価するという記事を書くことができるので、ぜひネタに困ったら書いてみてください。

Q&A サイトの回答をブログで書く

Yahoo!知恵袋』や『教えて Goo』などの Q&A サイトは見たことありますか?

これらは、インターネット上で自分の悩みを書いたら、他の誰かがそれに対して解決策を書いてくれるというサービスです。

無料で利用できるとあって、毎日多くの悩みがこのサイト上に書き込みされています。
カテゴリごとに整理されており、健康の悩みやお金の悩みなど、その分野ごとにまとまった形で掲載されています。

①でも書きましたが、悩みの解決策にはニーズがあります。

多くの人の悩みが整理された形で提供されているため、いわばネタの宝庫のような場所になっています。

ここに書かれている悩みをあなたの視点からの解決策をブログに書けば、それは立派なコンテンツになります。

※文章まるごとコピーするのは NG なので、あくまでも参考として使ってください。

書評してみる

ブログを書くためには色々な情報を仕入れることになると思います。

おそらく関連の書籍を読んだりもすると思います。

その読んだ本の書評をブログの中で書くというのも読者にとっては有益な情報です。

あなたのブログを読んでいるということは、同じ分野に興味があるはずなので、あなたが読んだ本はその人も気になっていたかもしれませんし、もしまだ知らなかった本であれば、存在自体を知れるきっかけになります。

また、この方法を応用して、何か他のサイトやブログに対してあなたが思うところを書けば、それも面白いコンテンツになる可能性があります。

ニュースに対してコメントする

あなたが扱っているテーマに関するニュースがあった場合は、ブログを通して
読者の方にも教えてあげましょう。

誰もが知っているような大きなニュースであれば、すでに知っているかもしれませんが、
あなたの視点から解説や評価コメントなどを添えて紹介してあげると読者にとって、有益な情報となります。

また、その分野について深くしっていないと気に留めないようなニュースも時にはあると思います。

あなたの読者さんが見落としていたニュースをあなたがブログで書き留めておいてあげれば、読者さんにとっては嬉しい情報源となります。

おすすめ情報紹介

これはあなたがどんな商品を使っているのかや、どんなツール(道具)を使っているのか、どんなところから情報を得ているのかなど、あなたがテーマに関する活動を行っている中でおすすめできる情報を紹介するというものです。

あなたは読者よりも前を歩く先輩なので、あなたの勧めるものは読者にとってとても役に立ちます。

おすすめするときの方法ですが、できる限り具体的で読者があなたのおすすめを
簡単に体験できるように書いてあげることが大切です。

いくら良い情報を提供したとしても、読者さん自身が行動できなければ、あまり意味はありません。

最終的に実行するかどうかは読者さん自身の問題なので、どうしようも無い部分もありますが、少なくともやる気があれば再現できるような形で情報を提供してあげると読者さんも価値を感じやすいはずです。

まとめ記事

あなたが日々書き溜めた記事を何かの基準でまとめて投稿した記事です。

例えば、アクセス数が多かった記事をランキング形式で紹介したり、あなたの思い入れが強くもう一度読んで欲しい記事を紹介したりします。

イメージでいうと、テレビ番組で総集編とかってありますよね。あんな感じです。よほど熱心に読んでくれる読者さんであれば過去の記事もさかのぼって読んでくれることもありますが、基本的には最新の記事からせいぜい数記事程度しか読まれないです。

価値のある情報を再度読者さんの前に出すことで、もう一度価値を取り戻しますし、単発で読んでいたものがまとめられたことにより、つながりが生まれ、新たな価値が生まれる可能性もあります。

まとめ記事を書くことで、情報を良い形で再利用することができますので、ある程度記事がたまってきたらぜひやってみてください。

まとめ

いかがでしたか?

ブログ記事を毎日書くのはとても大変ですよね。

しかし毎日書いていけば1つ1つが資産になりますし、成果がでれば自信にもつながります。

ぜひ継続してブログを書き続けてみてください!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。