SEO

【意外と知らない?】Googleの 他の人はこちらも検索を活用する方法【キーワード対策に便利!】

⇩応援の1クリックお願いします!⇩
ブログランキング・にほんブログ村へ

意外と知らないGoogleの【他の人はこちらも検索】の活用法

意外と知られていないGoogleの「他の人はこちらも検索」機能ってご存じですか?

今回はこの「他の人はこちらも検索」を活用したアフィリサイトのキーワード選定ノウハウです。

上位サイトよりも良質な記事を書きたい売れるキーワードを発掘したいと思う方にとって有益な情報ですので、ぜひとも「他の人はこちらも検索」を活用してPVや収益増を目指しましょう。

他の人はこちらも検索とは?

他の人はこちらも検索とは、関連キーワードを表示するGoogle検索機能です。

他の人はこちらも検索は、検索結果1ページ目(1位から10位)のページを対象とした検索機能のようです。

主な特徴としては、

  • 検索結果画面に戻ってきた際に表示される
  • サイトごとに表示されるキーワードが異なる
  • 順位が高いサイトで表示される傾向

というものがあります。

ではこの「他の人はこちらも検索」の出し方ですが、たとえば【国内旅行 おすすめ】で検索をおこなうと、上位にHISのサイトが出てきます

そのHISのタイトルを一旦クリックしてサイトに入り、再び検索画面に戻ると、赤枠内の箇所のようにキーワードが「他の人はこちらも検索」という表示の下に出てくるケースがあります。

また他のタイトルをクリックしてサイトを閲覧した後、再度検索結果に戻ると、同じく下記の赤枠のようにキーワードが出てくるように、サイトごとに表示されるキーワードが異なるのと、基本は検索1~10位までのサイトで出てくるのが特徴です。

活用方法

「他の人はこちらも検索」では、あるサイトを見た第三者が次にGoogleにて検索したキーワード群を表示しています。

つまり

閲覧者が既存の上位サイトの内容では満足せず、再検索をおこなった際のキーワード

を発見できる可能性が高いので、「他の人はこちらも検索」のキーワードも用い記事の見出し構成や文章作成を進めていくと、サイト閲覧者のニーズを満たした記事を書く精度が高まります。

またコンバージョンに結びつきやすいキーワードを発掘する観点で見ても、自身では到底思いつかないキーワードが見つけやすいので、この機能をコンテンツ作成にフル活用してみてください。

「他の人はこちらも検索」で表示されるキーワード

既存サイトの内容では満足できず再検索されたキーワード

  • 検索ユーザーの悩みや欲求がより言語化されたキーワードである可能性が高い
  • 再検索されたキーワードを見出しや本文などサイト内容に含めることで、検索ユーザーのニーズに沿った記事が書きやすくなる

Chromeの拡張機能で一括抽出する方法

毎回サイトをクリックしていき「他の人はこちらも検索」を出すのはとても大変です。

そこでGoogle Chromeの拡張機能である

Extract People also searchphrases in Google

を使えば、常に「他の人はこちらも検索」を上位10サイトで表示できます。

拡張機能を使うと、検索結果のページ右側で赤枠のように各サイトの「他の人はこちらも検索」がまとめて表示されます。

Google Chromeの拡張機能を追加する方法

下記ページの「Chromeに追加」をクリックすると、Chromeの拡張機能を利用できるようになります。ぜひキーワード選定に活用してみてください。

Extract People also search phrases in Google

Extract People also search phrases in Googleが正常に機能しない場合には、代替ツールとしてこちらのツールがおすすめになります。

Keywords Everywhere – Keyword Tool

 

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。