SEO

【上位表示!】 SEOで評価される記事の書き方【キーワード選定】

⇩応援の1クリックお願いします!⇩
ブログランキング・にほんブログ村へ

【SEO対策】 SEOで評価される記事の書き方【やり方】

おはこんばんにちわ。

今回はSEOで評価される記事の書き方について解説していきます。

初心者でもわかりやすいように丁寧に説明しますのでぜひ参考にしてください!

記事で狙うキーワードを決める

1つの記事に対してメインで上位表示を目指すキーワードを決めていきます。

初心者の方が記事を書くキーワードを決める際のポイントとしては、

  • 月間検索数が100〜1,000程度
  • 記事が書きやすいキーワード
  • ライバルが弱いキーワード

という点を意識していきます。

特にサイト開設から半年くらいは月間検索数が少ないキーワードで記事を書くようにしましょう。

いきなり検索数が多いキーワードを狙って記事を書いてもなかなか上位表示させることができないからです。

検索数が少ないキーワードで上位表示ができるようになったら、検索数が多いキーワードを狙っていくようにしましょう。

また、あなたが記事を書きやすいキーワードを選ぶことも重要です。

最初はキーワードによって書きやすいものもあれば、書きにくいものもあるかと思いますので、知識があったり、詳しいことに関する記事を優先的に書くようにしましょう!

記事タイトルを決める

狙うキーワードが決まれば、続いて記事のタイトルを決めていきます。

タイトルは記事の中でも一番重要な部分なので、しっかり時間をかけて決めるようにしましょう。

記事タイトルを決める際のポイントとしては、

  • ユーザーの検索意図を満たすタイトル
  • 狙うキーワードや サジェストキーワードを入れる
  • 上位記事のタイトルで出現率の高いキーワードを入れる
  • クリックされやすい魅力的なタイトル
  • できるだけ32文字以内になっている

などです。

記事タイトルは非常に重要な部分ですので、2〜3個の候補を作成してから1つを決めるような形でも良いでしょう。

実際に検索エンジンで検索をして狙うキーワードで上位表示されている記事タイトルを参考にして考えるのがおすすめです。

見出し構成を決める

記事のタイトルが決まったら、次に見出し構成を決めていきます。

見出しとは、ユーザーや検索エンジンに対してページの重要なテーマを伝えるためにHTMLタグで設定する hタグ のことです。

(h1/h2/h3/h4/h5/h6)

一般に、見出しタグはタグに囲まれているテキストをページ上の通常のテキストよりも大きく表示するため、ユーザーにとってはそのテキストが重要であるという視覚的な手がかりとなり、見出しテキストの下に続くコンテンツの内容について理解しやすくなります。

複数の見出しサイズを正しい順序で使用すると、コンテンツの階層構造が作成され、ユーザーがドキュメント内を移動しやすくなります。

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

記事の骨組みを先に作っておくことで、スムーズに記事本文を作成することが可能です。

いきなり3,000文字の記事を書くのは難しいですが、300〜400文字の文章を9〜10個作るのは意外と簡単にできます。

見出し構成の基本的な考え方としては、下記の図を参考にしてください。

「H1=title」は最も重要な見出しタグです。

タイトルに狙ったキーワードを入れることで上位表示させることができます。

Googleはタイトルを見ることで、その記事が何について書かれているのかを判断しています。

H2タグは大見出しです。

2番目に重要な見出しタグであり、コンテンツの要素を論理的に分解する際に使用します。

H3〜H6は小見出しです。

大見出しをさらに分割して説明したいときに使用するタグになります。

大見出しの内容を複数グループ化できるときに使用するような形です。

記事の本文中で使用する見出しタグはh2〜h6までありますが、基本的にはh2とh3のみを使用して構成を作るようにしましょう。

見出しの階層を深くしすぎるとSEO的にマイナスになることもありますので、注意が必要です。

見出し構成に沿った本文を作成する

記事タイトルと見出し構成が完成したら、続いて記事本文を作成していきます。

本文とは、各見出しを説明するためのテキストのことです。

各見出しの評価を高め、記事を上位表示させるために本文が必要になってきます。

本文作成のポイントとしては、

  • PREP法を意識する
  • 1つの見出しごとに400文字前後を意識する
  • 適度な文字装飾を行う
  • 語尾が同じにならないように注意する

の4つです。ここから1つずつ詳しく説明していきます。

【PREP法を意識する】

  • PREP法とは、完結かつ説得力のある文章を作成するためのテンプレートです。
  • Point(結論)
  • Reason(理由)
  • Example(事例、具体例)
  • Point(結論)

の順に文章を作成します。

各見出しごとの本文でPREP法を意識して文章を作成するようにしましょう。

PREP法に固執する必要はありませんが、1つの型として覚えておいてください。

【1つの見出しごとの本文は400文字程度】

1つの見出しを説明する本文は400文字程度に設定するようにしましょう。

本文が少なすぎる場合、説明する内容が足りていない可能性が考えられます。

逆に1つの見出しを説明する本文が多すぎる場合、見出しを2つに分ける必要があるかもしれません。

「1つの見出しの本文は400文字程度」

というのを1つの基準として考えていただければと思います。

【適度な文字装飾をおこなう】

適度に文字装飾をおこなうことで、読者が記事を読みやすくなります。

テキストのみだと、どこが重要な点なのか分かりにくいため、適度に装飾をおこなうようにしましょう。

文字装飾のルール例

  • 単語の強調:太字+
  • ポジティブな強調:太字+
  • ネガティブな強調:太字+
  • 最大強調:太字+青マーカー

ただし、文字装飾をやりすぎると、どれが重要な箇所なのか分かりにくくなって逆に読みづらくなるケースもあります。

文字装飾は適度におこなうようにしましょう。

【語尾が同じにならないように注意する】

同じ語尾が何度も続いてしまうと文章が単調に感じられます。

できるだけ同じ語尾が連続しないように注意しましょう。

「です。」「ます。」「でしょう。」「でした。」

などを使い分けるのがおすすめです。

3連続で同じ語尾が続かないように変更すると良いです。

特に記事を書いている最中は同じ語尾が連続していることに気付かないケースが多いので、本文を書き終わった後に再度記事を最初から読み直し、同じ語尾が連続していないかを確認するのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

ここまで、SEOで上位表示させるための記事の書き方について詳しく解説してきました。

今回ご紹介した内容を踏まえて記事を書くことで、狙ったキーワードで上位表示される可能性が飛躍的に高まるでしょう。

継続して記事作成をおこない上位表示を目指していきましょう。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。