SEO

【キーワード】月間検索数が丸わかり!Keyword Surferの使い方!【検索短縮】

【キーワード】月間検索数が丸わかり!Keyword Surferの使い方!【検索短縮】

おはこんばんにちわ。

今回はトレンドブログを書く際にキーワードを検索を短縮させる

Google Chorome拡張機能の「Keyword Surfer」の使い方をご紹介していきます。

このツールはキーワード調査を自動で勝手にやってくれるかなり優れたものになります。

しかも

無料!

で使えます。

Keyword Surfer(キーワードサーファー)とは?

keyword Surfer(キーワードサーファー)は、Google Chrome の拡張機能です。

利用するには、Chrome ブラウザが必要となります。

Google Chrome ウェブブラウザのダウンロードKeyword Surfer(キーワードサーファー)を使えば、以下のことを知ることができます。

  • サイトの推定月間トラフィック数
  • ページ内の単語数
  • ページ内の完全一致キーワード数
  • キーワードの推定月間検索ボリューム
  • 関連キーワードとその推定月間検索ボリューム

これらのデータが通常の検索をするだけで、たちどころに表示してくれます。

では、使い方を順番に解説していきましょう。

Keyword Surfer(キーワードサーファー)の使い方

Keyword Surfer(キーワードサーファー)は、Chrome ウェブストアから入手できます。

Keyword Surfer

インストール後、Chrome ブラウザを開き、通常の検索を行います。

試しに「糖質制限ダイエット」で検索してみました。

赤印に注目してください。

新たな項目が追加されているのがわかると思います。

では、項目を一つ一つ解説していきましょう。

Keyword Surfer の数値の見方

検索窓の検索キーワード右横に表示されるのが、『推定月間検索ボリューム』です。

推定月間トラフィック数

検索結果の一番左のアイコンに表示されている数字が推定月間トラフィック数。

記事の単語数

左から2番目のアイコンが記事の単語数です。

検索したキーワードが記事にどれくらいの数入っているかを表しています。

完全一致キーワード数

一番右のアイコンは検索キーワードと完全一致した単語が記事にどれくらいの数入っているかを表しています。

「N/A」の場合、該当なし、または利用不可を意味します。

検索画面右のパネル

検索画面右のパネルには、関連キーワードと月間検索ボリュームが表示されます。

これが Keyword Surfer(キーワードサーファー)の一番便利な機能と言っていいでしょう。

通常の検索をするだけで、関連キーワードと月間検索ボリュームが表示されるため、別のツールを使って調べる必要がありません。

関連キーワードはリンク付きなので、クリックすればそのキーワードでの検索ができて、非常に便利です。

もちろん、リンク先でも「Keyword Surfer」機能が使えます。

このように Chrome ブラウザだけで、どんどんキーワード調査ができちゃうのです。

データも保存できる

Keyword Surfer(キーワードサーファー)は、データ保存もできます。

検索画面右のパネルの操作メニューを使えば、簡単にできます。

そのやり方ですが……検索画面右のパネルに表示された関連キーワードの右端に☆があると思います。

保存したいキーワードの☆印をクリックします。

すべて保存したい場合は一番上の☆印をクリックすれば、すべて選択されます。

キーワードは最大 20 個まで保存できます。

次に、パネル上部の Clipboard をクリックしてください。

Clipboard の右横をクリックして、「Export as CSV」をクリックします。

これでデータが保存できます。Excel で開いてみると、

※保存データが文字化けする場合があります。

その時は以下のサイトを参考にしてください。

CSVファイルが文字化けした場合の対処方法

まとめ

いかがでしたか?

Keyword Surfer(キーワードサーファー)は、面倒なキーワード調査を自動でやってくれる拡張機能ツールです。

何よりも便利なのは、Chrome ブラウザと連動していること。

通常の検索で、関連キーワードと月間検索数を調べられるので、キーワード調査の時間を限りなくゼロに近づけることができます。

ぜひ導入しておきたいおすすめツールです。

それでは!

⇩応援の1クリックお願いします!⇩
ブログランキング・にほんブログ村へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。