働き方

【テレワークやWeb飲み会に必須!】 Zoomの基本的な使い方マニュアル(PC編)

⇩応援の1クリックお願いします!⇩
ブログランキング・にほんブログ村へ

【テレワークやWeb飲み会に必須!】 Zoomの基本的な使い方マニュアル(PC編)

おはこんばんにちわ。

昨今、テレワークやWeb飲み会などの需要が高まり、Web会議ツール「Zoom」が注目を集めています。

この記事では、 無料で使えるWeb会議ツール「Zoom」のアカウント発行から簡単な使い方までを詳しく解説していきます。

Zoomを活用することで、ビジネスやプライベートでも遠方にいる相手とのコミュニケーションが容易に可能となります。

Zoomはアフターコロナの時代に必須のツールとなるでしょう。

今後はWebミーティングやテレビ会議をする機会が増えるため、Zoomの使い方を今のうちにマスターしておきましょう!

そもそも「Zoom」って何?

Zoomとは、インターネットを通じて、複数人で同時参加が可能なWeb通話ができるクラウドサービスです。

PC・スマートフォン・タブレットなどの一般的な端末で、いつ・どこでも、どんな端末からでもZoomを利用することができます。

マイクやカメラを使用しテレビ通話が可能です。

端末にマイクやカメラが付いていない場合は、一般的に販売している汎用品の外部機器を接続すると通話やビデオ会議を使用することができます。

Zoomでできること

Zoomには自分がホスト(主催者)となって利用する場合には無料版とは別に有料版も存在し、合計4つのプランがあります。※2020年6月時点

  • 基本: 無料(パーソナルミーティング)
  • プロ: 月額2,000円(小規模チームに最適)
  • ビジネス: 月額2,700円(中小企業)
  • 企画: 月額2,700円(大企業向け使用)

無料版でも基本的なサービスの利用はほぼ可能です。

会議やミーティングに参加をする場合はアカウント発行をせずに無料で利用ができます。

無料版でできること

無料版でも基本的な機能はほとんど利用ができます。

1対1(参加者2名)での利用時間は無制限、参加者3名以上のグループミーティングには時間制限があり、40分利用が可能です。

利用人数の上限は100人までとなります。

また、会議・ミーティングの様子をパソコンの記録領域に保存する方法ローカル記録で録画、録音することができます。(ローカル記録はパソコンでのみ行うことが可能です。)

その他に無料で利用できる便利な機能の一部を紹介いたします。

  • ホワイトボード機能を画面共有し、画面上に文字や図を書き込むことができます。
  • 画面共有し相手や自分の画面を共有できます。
  • 相手の承認があればデスクトップ遠隔操作が可能。相手のパソコンを操作できます。
  • 質問や意思表示をする際の挙手ボタン機能

無料でもこれだけの機能を搭載しているので一般的に利用するのであれば十分です。

Zoomのアカウント登録方法

下記URLより公式サイトにアクセスし「サインアップは無料です」をクリックします。

ZOOM

誕生日を入力し【続ける】をクリック

お持ちのメールアドレスを入力しサインアップをクリック

届いたメールを確認する

届いたメールを開いて認証URLをクリック

学校関連で使用しない場合は「いいえ」を選択

氏名と任意のパスワードを入力して「続ける」をクリック

「手順をスキップする」をクリック

登録完了

Zoom会議・ミーティングを開始する

ホスト(主催者)になってミーティングを開催

  • 【ミーティングを開催する】にカーソルを合わせメニュー表示させる
  • 通話のみでおこなう場合 ⇒【ビデオはオフ】
  • ビデオ通話をおこなう場合 ⇒【ビデオはオン】
  • 画面共有を行う場合 ⇒【画面共有のみ】

【 Zoom Meetings を開く】をクリック

起動中画面に移動後『Zoom Meetings』を開きますか?と表示される

【 Zoom Meetings を開く】をクリック

専用アプリが起動します

招待リンクのURLをコピーし参加者へ送りアクセスしてもらう

会議・ミーティングを終了する場合

右下の【終了】ボタンをクリックする

または、右上の×をクリックし終了する

画面共有方法

相手に自分の画面を共有する

画面共有をしたい場合は画面下にカーソルを移動させ、【画面を共有】の右上にある「^」をクリックすると誰に共有するかのオプションが現れるので必要に応じて選択する

共有する画面を選択し右下の【共有】を選択

画面共有が成功するとメニューバーが表示される

まとめ

いかがでしたか?

コロナの影響により働き方や普段の生活が少しずつ変わりつつあります。

ZOOMの使い方を覚えれば、在宅で仕事などもしやすくなるのでぜひ覚えておきましょう!

それでは!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。