ブログ

【完全版】0から審査を通る Google AdSense Vol.3【プラグイン編】

【完全版】0から審査を通る Google AdSense Vol.3【プラグイン編】

おはこんばんにちわ。

今回はプラグインについてご紹介していきます。

プラグインとはWordPress最大の特徴の一つとして「プラグイン」があります。

標準のWordPressにはない機能(プログラム)が「プラグイン」という形で配布されており、それらを追加インストールする事によって、ウェブサイトに様々な機能を持たせる事が出来ます。

例えば「お問い合わせフォーム」であったり「イベントカレンダー機能」「メールマガジン機能」などのプログラムが数多く配布されており、簡単にインストールする事が出来るのです。

どんなプラグインがあるかは「WordPress おすすめ プラグイン」などで検索してみるといろいろ参考になると思います。

オススメはこちらです↓

【Wordpress必須】最新!ブログを運用するためのプラグイン 9選【2020年版】⇩応援の1クリックお願いします!⇩ 今回の記事は「ブログを運用するために効率よくかつ、便利なプラグイン」をご紹介し...

今回は特にJetPackとAkismetの設定について説明していきます。

JetPackとAkismetの設定方法について

「JetPack」は非常に沢山の機能があります。

そのなかでもブログ運営で大切なアクセス解析の確認に使います。

「Akismet」は、コメント欄に英語などで訳がわからないコメントや広告貼り付けなど、世間一般で言うスパムコメント(迷惑コメント)を受け付けなくするものです。

無料で使うための手順があります、設定を忘れないようにしてください。

「JetPack」、「Akismet」は一緒に同時にインストールすると設定手順も簡略されます。テーマによってはJetPackがいらない場合があります。

私が使用している有料テーマ「Diver」では時折JetPackとの相性が悪くなり本来稼働する機能が機能しなくなったりすることも発生しています。

そんなときは原因の切り分けでプラグインを1つ1つ無効化してテストするなどして確認して行く必要があります。

では、手順を見ていきましょう。

JetPackプラグインのインストールと有効化について

WordPressには始めからプラグイン「Akismet」が入っています。

Akismetプラグインの機能を有効化する前に「JetPack」プラグインのインストールから行います。

理由としてJetPackを入れた後にAkismetを入れることで、簡単に機能の有効化ができるためです。

日々バージョンアップしていますので説明と少し異なる部分もでてくると思いますが、大まかな流れは下記になります。

  1. WordPressの管理画面から「プラグイン」→「新規追加」を選択します。
  2. プラグインの検索画面より「Jetpack」の「今すぐインストール」をクリックする。※検索するときにインストールされたプラグインの検索になっているかもしれませんので、検索窓に「Jetpack」と入れて検索します。
  3. インストール後は「Jetpack」の機能を有効化します。
  4. WordPress.comと連携を行います。JetPackプラグインを有効化した後は「WordPress.com」(JetPackの提供元になります)と連携をする必要があります。「WordPress.com」と連携をするには、以下の2つの入り口があります。

1.プラグインの画面上の「WordPress.comと連携」をクリック。

2.ダッシュボードに表示される「JetPackと連携」をクリック。

上記のどちらでも構いません

上記に続いて「WordPress.com」との連携画面が表示されます。

JetPackを初めて設定する場合、WordPress.comのアカウントがないと思います。初めての場合は「アカウントが必要ですか」をクリックします。

初めての方を対象に説明を進めます。

アカウント作成画面が表示されますので、アカウントを作成してください。

登録メールアドレス、ユーザー名(任意名称)、パスワード(任意名称)を
入力後、「アカウントを作成」をクリックします。

※入力した登録メールアドレス、ユーザー名(任意名称)、パスワード(任意名称)情報は忘れないように手書きメモするなり、PCに保管するなりします。

あとで「Akismet」プラグインの登録に利用します。

メールアドレスの確認画面が表示されます。登録したメールアドレスにメールが届いているか確認を行います。

登録したメールアドレス宛に「WordPress.comへようこそ。・・・・・」というメールが届きますので「今すぐ確認」をクリックします。

メールアドレスの確認が完了すると「JetPackとWordPressの連携確認画面」が表示されますので「承認する」をクリックします。

するとJetPackの画面に戻ります。これでJetPackプラグインの設定は完了です。

設定が完了すると「サイトをジャンプスタート」の画面が表示されますが、何もする必要はありません。設定できる一覧が表示されるだけですので気にしないでください。

Akismetプラグインのインストールと設定について

「Akismet」プラグインをインストールすることでスパム(迷惑コメント)に強力な対応をできるようになります。

説明で何度か「Akismet」はWordPressに最初から入っていますよと書いていますが、もしかしたら入っていなかったり、間違えて削除してしまったりということがありますので、もし無い場合はWordPressの管理画面より「プラグイン」→「新規追加」で検索窓より「Akismet」で検索します。

プラグインが入っていなかったらインストールして有効化します。

最近ではありますが、広告を掲載(ASP)していると使用できないことがあるようで、その場合には「Throws SPAM Away」プラグインが良いと感じます。

筆者はGoogle AdSence広告をしていますが現在でもプラグインは「Akismet」で対応できています。

「Akismet」と「Throws SPAM Away」は利用形態と自分の好みで決めて良いです。

ガンガン広告をこれから貼っていくぞ!という方は「Throws SPAMAway」が良いです。

では進めていきます。プラグイン画面よりAkismetの有効化を行います。

有効化すると「Akismetアカウントを有効化」ボタンが表示されるのでクリックします。

既に「JetPack」を有効化していると、一番上に「JETPACKを通して連携中」との表示がでてきます。

登録したメールアドレスが表示されますので登録したメールアドレスであるか一応確認します。

「このアカウントを使う」をクリックで完了です。

続いて「Akismet」の利用プランの選択になります。無料プランを選択します。

ここでは個人利用ということで、一番左の「Basic」プランを選びます。

「GET STARTED」をクリックします。

次の画面で決済画面が英語で表示されます。ドキッとされるかと思いますが、落ち着いて説明を読んでください。

画面左側に決済情報入力欄がありますが、入力しなくて良いです。

画面右側に「Akismet Basic」と表示があり「$●●」のスライダーバーがあります。

これを一番左側にスライドさせてください。表示が「0」になります。

これで左側の入力欄が氏名だけになります。

「First name」欄には名前、「Last name」欄に姓を入力後し「CONTINUE」ボタンをクリックします。一応日本語でも入力可能な様子ですが、ローマ字で入力する方が無難かと感じます。

「CONTINUE」ボタンの後ですが、少し時間がかかります。画面に「Processing …. 」と表示されますので画面を閉じたりしないようにします。

処理が終了するとログイン画面が表示されますので「Jetpack」設定時「WordPress.comの登録」で設定した、メールアドレス、ユーザー名、パスワードなどを入力します。

「Activate this site」と表示がでます。これはサイトを追加しますよという意味です。「Activate this site」をクリックして追加します。

これで「Akismet」プラグインの設定が完了です。画面が切り替わると思いますが何もする必要はありません。

おわりに

いかがでしたか?

この2つのプラグインは必ず入れておきましょう!

他に多くのプラグインがあるので、自分のサイトにあったプラグインを探してみてください。

それでは!

【完全版】0から審査を通る Google AdSense Vol.4【WordPress基本設定編】 【完全版】0から審査を通る Google AdSense Vol.4【WordPress基本設定編】 おはこんばんにちわ。 ...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。