ブログ

【完全版】0から審査を通る Google AdSense Vol.5【ジャンル編】

【完全版】0から審査を通る Google AdSense Vol.5【ジャンル編】

おはこんばんにちわ。

今回はブログのジャンルを決めていきます。

Google AdSence審査に向けて少しずつ前進していくことになります。

何度も書きますがジャンルを決めるにもしても「Google サイト運営者向けポリシー」を理解しておかないとジャンル自体が禁止事項になっていることもあります。

おさらいとして「Google サイト運営者向けポリシー」を時間のあるときにもう一度読んでください。

ブログのジャンルですがジャンル決め(記事内容)は自分のブログ運営実績構築に大きな影響を与えます。またGoogle AdSence審査に合格して広告が使用できるところまでの実績ができることになります。

ではGoogle AdSence審査通過のための、ジャンル決めの考え方と実際に運用するジャンルを決めます。

前回の記事はこちら

【完全版】0から審査を通る Google AdSense Vol.4【WordPress基本設定編】 【完全版】0から審査を通る Google AdSense Vol.4【WordPress基本設定編】 おはこんばんにちわ。 ...

避けるべき記事テーマやジャンル、キーワードについて

Google AdSence審査に向けて記事作成を行うのですが、以下のテーマやジャンル、キーワードは避けたほうが良いです。

  • 病気、健康系、サプリメントや薬系は避ける。医療に関する医者の専門的な知識や領域は避ける。(病気や健康系はGoogleの審査がとても厳しいです。医者である本人が書いても審査通らないと感じます。)
  • サプリメント類はGoogle AdSenceポリシーに禁止コンテンツとして記載があるので避ける。
  • ギャンブル、アルコール、タバコも同様。Google AdSenceポリシーに抵触しているから避ける。
  • ポイントサイト系は禁止コンテンツに該当する可能性あり。ポイントサイト系へのリンクは審査に通らないと思うべきである。ポイントサイト系を紹介するページやサイトへのリンクも同様です。
  • レシピは数えられないほどネット検索で出てくるので、ありふれた内容のジャンル、審査に通りづらい典型的なものになっています。
  • アフィリエイト広告を既に掲載している場合は一回はずすこと。他のアフィリエイト広告を掲載するならGoogle AdSence広告なんていらないよね、という考えがGoogleにあるみたいです。定かではありませんが、別のASPを掲載することで審査時に偶然アダルトな内容の広告が配信され審査落ちになることは十分ありえます。
  • テレビドラマや映画などのレビューや感想もとてもすごい数がでてきます。ありふれた内容となり審査落ちになりやすいです。
  • 情報商材系はもっての他、避けるべきです
  • 旅行系は取り扱いが難しいジャンルです。審査が通らないわけではないですが、旅行系は観光案内になってしまうと審査通りません。では、どのようにしてくのかと言いますと自分の体験、経験を語ることが重要です。そして自分が撮影した写真や画像を積極的に多く使っていくというところが大事です。旅行系も非常に多く検索にでてきます。審査通過は難しいと思うことです。

上記の記事作成は審査時には避けて他の記事で審査通過することを目指して
ください。

Google AdSence禁止コンテンツを理解すること

Google AdSence禁止コンテンツを理解していない状態で記事作成を行うと、気が付かない間に記事中にそれが紛れ込み禁止コンテンツに抵触してしまうことがあります。

このようになってくると、どこで禁止コンテンツになっているのか探すのが一苦労です。
最初は大変かもしれませんがGoogle AdSence禁止コンテンツを何度も読み返し覚えていくことが重要です。

禁止コンテンツが含まれていると100%不合格です!オフィシャルのAdSenceヘルプに「Google サイト運営者 / パブリッシャー向けポリシー」というページがあります。実はこれが禁止コンテンツということです。

「Google サイト運営者 / パブリッシャー向けポリシー」下記リンクより見ることが出来ます。

Google サイト運営者 / パブリッシャー向けポリシー

改めて読み返してみていかがでしたか?たくさんのことが書かれていますが、家族や子供に見せても問題ないコンテンツとして「ファミリーセーフ」を意識することが重要なのです。情報は時代とともに変化していきますので、時々オフィシャルをチェックするように心がけてください。

記事が禁止コンテンツに該当しているかどうか調べる方法

記事作成しているときに「もしかしたら!禁止コンテンツなのでは!」と感じる場合は、オフィシャルのAdSenceヘルプを参考にしていくと良いです。

インターネット検索でGoogle AdSenceの件について、さまざまな意見が掲載されています。

それを参考にすることも良いとは思いますが内容が古い場合などもあります。あくまでも参考値として見る程度にしてください。

「迷ったら原点に!」ということでGoogle AdSence申請先であるAdSenceヘルプを覗いてみることが良いです。

下記リンクはAdSenceヘルプです。

AdSenceヘルプ

ここで調べる場合は検索窓にキーワードを入力して検索します。検索の例としては以下の文言などで一度調べてみてください。

  • アドセンス 不合格
  • アドセンス 禁止コンテンツ

調べる際、あまり詳細なキーワードにしてしまうと検索結果が「0」だったり極端に少なかったりと参考にならないと思います。大まかなジャンルの単語で調べて検索結果を見てください。

他にも例えば「アドセンス ポイントサイト」や「アドセンス お金儲け」などでも検索結果がでてきます。

このAdSenceヘルプは未審査、不合格、合格関係なく何度か検索してみることをおすすめします。

なぜAdSenceヘルプを使うのかという理由は、いつか必ず利用する機会があるからです。何もアクセスしないよりはアクセスしていたほうが、何かあったときにAdSenceヘルプを見てみよう!という行動に移せるのです。

インターネット検索の結果よりもはるかにリアルな情報です。

私は実際にブログ立ち上げ当初から、AdSenceヘルプを利用しており一番最初の記事を書くよりも前に禁止コンテンツにあたる内容や不合格理由についてたくさん読ませていただきました。

参考になることは間違いありません。

このAdSenceヘルプは投稿に対して利用ユーザーから返信がもらえる仕組みなのですが、投稿者に対して回答者の名前があり、その付近に「ゴールド プロダクト エキスパート」という表示があるかたはAdSenceヘルプで問題の解決に貢献してきたユーザーです。

貴重な意見が書かれていますので参考になります。また回答者の名前をクリックすると、その人の評価が見れます。

「ゴールド プロダクト エキスパート」ではなくとも活躍している人も多いです。

実際にアクセスして体験することをお勧めします。

おわりに

いかがでしたか?

Google AdSence審査は年々難しくなってきています。ですが必ず続けて改善していくことで誰でも審査合格できるものです。

ネットでの書込みで不合格が10回目とか20回目、30回目・・・50回目なんて書いている人も・・・さすがに50回目はメンタルすごいなとは思いますが・・・。

でもそれだけ続ける気持ちも大切です。

単純に考えると審査の通過は遅いか早いかだけの問題ということなのです。

体験を含めた独自性の記事が一番早道!と思ってください。

ブログ運営初期段階では(100記事未満)では、大きなアクセスを期待せずにいてください。

また、実際に広告を掲載しても収益は大きく発生することはありません。

審査通過が遅くなっても焦る必要はないのです。

ただあまりのんびりとしていると、そのうち記事更新も止まってしまいがちです。

続けることが大事です、定期的に記事作成を行ってください。

ときには更新できない時期もあるかもしれませんが、それはそれで再開できるスケジュールを自分で組んでください。

ブログ運営は1記事1記事の積み重ねです、継続こそ力なりです!

それでは!

【完全版】0から審査を通る Google AdSense Vol.6【キーワード編】【完全版】0から審査を通る Google AdSense Vol.6【キーワード編】 おはこんばんにちわ。 ブログの記事を書くに...

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。