ブログ

【完全版】0から審査を通る Google AdSense Vol.6【キーワード編】

【完全版】0から審査を通る Google AdSense Vol.6【キーワード編】

おはこんばんにちわ。

ブログの記事を書くには、読者が求めているところで書けるのが一番です。

その「読者が求めているもの」は「キーワード」に現われます。

ここではキーワードとその考え方をしっかり押さえていきます。

キーワードを考えていこう!

ブログ記事の書き方としてキーワードを選定し書いていくことを基本にします。

  1. キーワードから先に選定し記事内容を書いていく。
  2. 記事内容に合わせたキーワードを選定し記事を書いていく。

Google AdSence審査用に書いていくには自身の体験が活かせる記事「2」がやりやすいと感じます。

と言っても直ぐにこれを書こう!って思いつかない人もいます。

そのようなときは、さまざまなツールを使用して記事作成できそうなものを探していくと良いです。

自分の過去体験を思い出すきっかけになります。

キーワード探索ツールについて

記事に使用するキーワードを自分で考えるも良いことです。

ですが、それでは限りがあります。キーワードについてはツールを利用していくのがブログ
運営者の基本です。

では、そのツールを見ていきます。

グーグルサジェストキーワードの一括DLツール

https://www.gskw.net/

このツールは「キーワード」の欄に、単語を1つ入力してください。

しばらく待つとキーワードがずらずらっとでてきます。いっぱいでてきたキーワードですが、左側を見てみると「+」のマークがあります。クリックすると検索キーワードがさらに表示されます。

例えば「ブログ」で検索したのであれば「ブログ レンタルサーバー」や「ブログ レンタルサーバー 比較」など2語、3語のキーワードが表示されます。

これは、実際に検索されたキーワードなのです。

これを利用してキーワードを元に記事作成をおこなうことでアクセスを集めやすい記事作成が可能になります。

キーワードについて説明するととても長くなりますので、ここでは記事作成のためのネタ探しとして説明します。

「+」の表示をクリックしたけど表示がでてこないよっていう場合は見れない状態になっています。さらに見るには有料ということです。いくつかは無料で見れますのでご心配なく。

このサイトは混雑すると検索結果が「0」表示になったりしますので、その場合はしばらく待つか他のキーワード検索ツールを利用します。

Yahooサジェスト キーワード一括DLツール

 

https://www.yakw.net/

こちらは上記のYahooバージョンです。使い方は一緒です。

goodkeyword

https://goodkeyword.net/

こちらはGoogleの検索キーワードを表示してくれます。比較的安定して稼働しているため検索結果が負荷により「0」になることはありません。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

http://www.related-keywords.com/

Googleサジェスト(複合キーワードたとえば2単語や3単語)、教えて!goo、Yahoo!知恵袋、これらの情報から関連キーワードを一括で取得して表示します。

KOUHO.jp

https://kouho.jp/

キーワードやサジェストを一括で検索表示してくれます。

紹介したツールを使って記事作成するためのアイデア出しを行っていきます。

キーワードを見ていると過去体験を思い出せるかもしれません。

またキーワード検索ツールは今後も使用していきますので、使うことに慣れる必要があります。

キーワードを探す場合のポイントは「3段階キーワード」

グーグルサジェストキーワードの一括DLツールで「+」をクリックすると
キーワードが更に表示されることを説明しました。

この「+」を押すことで表示される複数単語の組み合わせでキーワードの呼び名が変わります。

単語が2語表示されるものを「2段階キーワード」、3語表示されるものを「3段階キーワード」と言います。

4語表示されれば「4段階キーワード」です。

複数ある場合のことを「複合キーワード」とも言います。

ブログ初期においては、サイト自体の力が弱いため1語や2語でのキーワード選定では運営歴が長いサイトや大きなサイトに及ばないのが実情です。

そこで3語を使用した「3段階キーワード」が比較的記事ネタにしやすいです。

4語や5語になるとより深い記事ネタになると思いますが、最初は使い所が難しいかもしれません。ただそのキーワードで記事が書けるなら書いて良いと判断できます。

ただ今回はGoogle AdSence審査の通過を目指しますので深く考える必要はないとも言えます。

審査通過後は意識してキーワード選定が必要になります。

キーワードを眺めてみてこれなら書けるかもというキーワードについては、PCにメモしておくと良いです。いろいろ拾ってきたキーワードの中からより書きやすいものを選んでください。

審査用記事としては記事作成したあとに、それに合うキーワードを後付しても良いです。

どちらにしても記事作成は原則キーワードを元に記事を書く必要があります。

おわりに

いかがでしたか?

キーワードを元に記事を絡めていくことでPV数も比較的に上がりやすくなります。

考えることはユーザー数に対して「価値のある記事を提供する」「優良な記事を提供する」ことが大切です。

しかし最初は完璧にできることはできないので、まずは自分の考えや思っていることを考えてみてください。

それでは!

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。