アフィリエイト

厳選!アフィリに使える おすすめツール47選 パート1

厳選!アフィリに使える おすすめツール47選 パート1

 

おはこんばんにちわ。

アフィリエイトで収入を得るためは、キーワード選定やライバルチェックなど多数の工程があります。

しかし、アフィリエイトでおこなう作業は、ツールを使うことで、時間や作業の手間を大幅に短縮・削減することが可能です。

この記事では、アフィリエイトで時間がかかりがちな作業の時間を短縮したり、手間を削減できる優れたツールを厳選して紹介します。

紹介するツールの中には、アフィリエイトの収入を大きく伸ばすためのヒントを得られるツールもあります。

ツールをフル活用して作業効率を上げ、アフィリエイト収入を増やしていきましょう!

数が多いのでパートをわけて記事を作成致します。

※サービスによっては、無料のツール提供が終了になることもございますのであらかじめご了承ください。

キーワード調査ツール

goodkeyword(グッドキーワード)

グッドキーワードは、メインとなるキーワードを拡張し、さまざまなキーワードを抽出してくれるツールです。

Googleをはじめ、Yahoo!やBingといった主要な検索エンジンで検索されている言葉を、キーワードとして表示してくれます。

無料で使用でき回数制限もありません。

goodkeyword(グッドキーワード)

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

ウーバーサジェストは、サジェストキーワードや検索ボリュームを調べることができるツールで日本語にも対応しています。

キーワードプランナーでは無料アカウントのため、検索ボリュームが正確に調べられないとお困りの場合には、この Ubersuggest が便利でおすすめです。

検索結果の画面では、検索ボリューム(VOLUME)

  • クリック単価(CPC)
  • 競合性(COMPETITION)などの数値がチェックできます。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

OMUSUBI(おむすび)

このツールでは、以下のWebサービスのサジェストをキーワードマップとして可視化して確認することが可能です。

その他のキーワードツールとは検索結果の見た目が異なることから、新たな視点でキーワードを探すヒントになります。

  • Google
  • Bing
  • Amazon
  • YouTube
  • Wikipedia

OMUSUBI(おむすび)

Keyword Pranner(キーワードプランナー)

キーワードプランナーは、Googleが提供している広告出稿者のためのキーワード選定ツールです。

GoodKeyword のようなキーワード拡張機能に加え、そのキーワードで毎月どれくらい検索されているのかを知ることができる機能もあります。

基本的な利用は無料ですが、広告出稿者のためのツールなので、Googleに広告を出稿しないと、使える機能が制限されます。

Keyword Pranner(キーワードプランナー)

Google Trends(グーグルトレンド)

Google Trendsは、キーワードごとの人気度の傾向がわかる非常に便利なツールです。

関連するキーワードも表示してくれる機能があるので、思いもよらないトレンドキーワードが見つかるかも知れません。

”急上昇ワード”という機能もあり、今まさにトレンドなキーワードも、その概要とともにチェックすることが可能です。

Google Trends(グーグルトレンド)

ライバルチェック・サイトの分析改善ができるSEOツール

MozBar

GoogleChromeの拡張機能「MozBar」を使えば、簡単にライバルサイトの情報を調べることが可能です。

ブラウザに追加した拡張機能を有効にしておくことで、閲覧ページの上部や検索結果などにMoz独自の指標であるDomain Authority(ドメインオーソリティ)やPage Authority(ページオーソリティ)といった数値をチェックすることができます。

MozBar

SEOチェキ

SEOチェキでは、以下5つの情報を取得できます。

【サイトSEOチェック/検索順位チェック/キーワード出現頻度/発リンク/Whois情報】これら5つの情報のうち、Whois情報(サイト所有者の情報)以外は、SEOにおける重要な指標です。

情報をもとに、自分のサイトを改善したり、ライバルサイトの強さを予測したりといったことも可能です。

SEOチェキ

SEO CHECK TOOL

SEO CHECK TOOLは、SEOに関する重要な項目を1クリックで、すべて自動分析する無料SEO診断チェックツールです。

診断ページURLの箇所に調べたいサイトのURLを入力してクリックするだけで、メタディスクリプションからH1タグ、キーワード出現率・総単語数・発リンク等の詳細を調べることができます。

SEO CHECK TOOL

PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)

PageSpeed Insightsは、Googleが提供しているサイト速度計測ツールです。

使い方は調べたいサイトのURLを入力するだけなので、誰でも簡単に使用することが出来ます。

2018年7月には、Googleがページの読み込み速度をランキング要因とするSpeed Updateを導入開始したこともあり、サイトの表示速度はサイト改善のための大事なチェック項目と言えます。

PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)

Search Console(サーチコンソール)

Search Consoleは、Googleが無料で提供する高性能なサイト解析ツールです。

Googleアナリティクスがアクセス後のデータ解析とすれば、Search Consoleは検索流入キーワード詳細などのアクセス前のデータを調査できるのが特徴です。

Search Consoleでは主に以下のような機能があります。

  • Googleからのメッセージの確認
  • 検索流入キーワードの詳細(サイトの表示回数/平均CTR/平均掲載順位/合計クリック数)
  • サイトへのリンク元情報
  • 再クロールの申請

Search Console

ahrefs(エイチレフス

ahrefs(エイチレフス)は、世界で60万人が導入しているSEO分析ツールです。

ahrefsでは、自分のサイトだけでなくあらゆる競合サイトの被リンク分析や、検索エンジンの上位表示コンテンツ、想定流入キーワードなどの情報を把握できます。

ahrefs(エイチレフス)では4つの料金プランから選択可能です。

ahrefs(エイチレフス)

Screaming Frog SEO Spider

Screaming Frog SEO Spiderは、無料でも使えるサイト解析ツールです。

プランには無料版と有料版があり、無料版では500件までのURLとそのデータの取得が可能です。

Screaming Frog SEO Spiderでは、主に以下のような情報が確認できます。

(対象サイトのページ数/各ページのタイトル・H1・H2/META情報/内部リンクの本数、アンカーテキスト)

サイト分析を徹底的に実践したいアフィリエイターにおすすめのツールです。

Screaming Frog SEO Spider

まとめ

いかがでしたか?

まとめますと

キーワード調査ツール

  • goodkeyword(グッドキーワード)
  • Ubersuggest(ウーバーサジェスト)
  • OMUSUBI(おむすび)
  • Keyword Pranner(キーワードプランナー)
  • Google Trends(グーグルトレンド)

ライバルチェック・サイト分析改善ツール

  • MozBar
  • SEOチェキ
  • SEO CHECK TOOL(SEO高屋)
  • PageSpeed Insights(ページスピード インサイト)
  • Search Console(サーチコンソール)
  • ahrefs(エイチレフス)
  • Screaming Frog SEO Spider(スクリーミングフロッグ SEO スパイダー)

になります。

次回は

コンテンツ作成支援ツール

レンタルサーバー

サイト作成ツール

リンク生成ツール(楽天・Amazon・アプリなど)

をご紹介します!

それでは!

⇩応援の1クリックお願いします!⇩
ブログランキング・にほんブログ村へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。