スキルアップ

相手を納得させるプレゼン力 3つのコツで簡単説明!

相手を納得させるプレゼン力 3つのコツで簡単説明!

周りから

「説明下手だよね」

「何言ってるのかわからない。」

「つまりどういうこと?」

と言われたことはないですか?

一生懸命話してるのに、まったく相手に伝わらず、2回、3回説明して

やっとわかってくれる。

説明しているけれど、なかなか上手く伝えられない人には共通点があるんです。

それは、説明には決まったやり方があるんです。

このやり方を身に着けていないため気持ちを込めて、一生懸命話しているのに

「?話していることが分からないんだけど」

って言われてしまうのです。

とても悲しい思いになるはずです・・・。

しかし、やり方さえ知っていれば誰でも説明がしっかりと伝わるようになるんです!

普段の生活でも使うことができます。

ここで教える 3 つのことを意識してみることで、より伝わるプレゼン(説明)ができるようになります。

この機会に身につけていきましょう!!

話をずっとする

息もつかせず、ひたすらに話つづける。

聞きやすい面もありますが、話している速さと同じぐらいに聞き流されていたりします。

間がないため、なにが重要で、どこを伝えたいのかが一定のトーンとスピードのため相手は疲れてしまっている可能性があります。

相手を見ていない

原稿や手元の資料に自分の視線を落としたままで相手を見ていない。

こんな時、相手は上のほうを見ながら別のこと考えてます。

人は目を見ることで、しっかり相手の話を集中しやすくなります。

私はあなたに話している

という意志が持てるため、話を聞きやすくなるのです。

感情的になりすぎ

熱や力がこもった話し方。

力がこもって話している分相手に近づいていますが、相手はその分離れていきます。

感情を持つことは大切です。

ですが、伝えるべきところは熱く

データや分析したことは冷静に伝えるようにすることがポイントになります。

肩に力が入っていて言葉もカタイ

カチコチに体が固まっていて、言葉も固まってる。

自分がカタイ分、相手もカタイです。

人は鏡とも言います。

自分が思っていることや表情で出していると相手もそれに反映されやすいのです。

リラックスをした表情で、落ち着いた雰囲気を出せば相手も楽に話を聞きやすくなるはずです。

思いつくままに

頭で思ったことをそのまま話す。

話しがあっちへこっちへ飛んでしまい、相手はついていけていないことがあります。

何を話すか、どこが重要、まとめるのはどれか

など下準備をしっかりしておく必要があります。

行き当たりばったりの会話では人はついてこれません。

頭の中で無理なら、ノートなどにしっかりまとめておきましょう。

もし

一つでも当てはまった方は下手認定されました。

しかし、いくら説明が上手い人でも上記に書いた内容に当てはまる場面があったりしま
すので気を落とさずに。

それに、これから教える 3 つのポイントをおさえていけば、上記のことは気にしなくなり
ます!

プレゼンで上手に伝える 3 つのポイント

1、伝える時間はできるだけ短くする

どうしてもわかってもらいたい時に、やってしまいがちなのことは、事細かに長く話してしまうことです。

多く伝えればその分わかってもらえるかというと、実際は違うのです。

短くしたほうが人の印象には残りやすいのです。

なので、ダラダラと長くせず、短くコンパクトにまとめて印象を与えましょう!

短い文を連続させる

短くした方が伝わりやすくてもなんでもかんでも短くはできませんよね。

そんな時は短い文を連続させるということをします。

「サウンド・バイト」

と呼ばれる

やり方です。

このやり方を使うことで、あれこれと伝えたいことも伝わるようになります。

重要度を意識する

説明したいことの中には、重要度が高いものから低いものまで色々とあります。

重要度が低いことや不必要なことはできる限り短くするかなくしてしまいましょう。

そうするだけでも、長かった説明を短くすることができます。

また、重要度が高いことでも整理してから伝えることが大事です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

まとめますと

話しすぎない。

相手の目を見る

感情的にならない

表情を柔らかくする

下準備をして何を話すか決める

伝える時間は短く、簡潔に

短い文を連続させえて伝える

なにが重要かを意識する

です。

プレゼンは多くの人へ

特に伝えるべき大事なことです。

上手く伝われば、自分も嬉しいですし周りからの評価も上がるでしょう。

できることからコツコツやっていってみてください!

それでは!

⇩応援の1クリックお願いします!⇩
ブログランキング・にほんブログ村へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。