お金

【Google広告】必見!今スグにGoogle広告でPPCアフィリエイトがしたい人向け

【Google広告】必見!今スグにGoogle広告でPPCアフィリエイトがしたい人向け

  • Yahooプロモーション広告はのみ、やっている方
  • これからPPCアフィリエイトをやってみたい方
  • Google広告をやってみたいが、使い方がわからない方
  • Googe広告って、機能が多くて、どこを触れば良いのか。わからない方

PPCアフィリエイター向けにGoogle広告で必要な箇所をまとめてます。

まずは、まだGoogle広告をやっていない方向けに、Googleアカウントの開設方法をまとめてます。

そしてGoogle広告で検索広告を作成手順とデバイスごとの入札単価調整、除外キーワードの登録手順をまとめてます。

今回は、自動入札機能(入札単価のAI機能)は使用しておりません。

キーワード単位で手動で入札単価を調整する手順になりますのでご了承下さい。

Googleアカウントの開設方法

では実際にGoogle広告のアカウントを作成する手順を確認してみましょう。

アカウントは7つのステップで作成できます。

Google広告のサイトへアクセスする

Google広告を始めるには、まず初めに「Google広告」の公式HPにアクセスし、そこで「利用する」ボタンをクリックします。

⇒ Google公式サイトはコチラ

②メールアドレスとサイトのURLを入力する

その次に、メールアドレスとWebサイトのURLを入力する画面になるので、情報を入力して「続行」を押します。

③最初のキャンペーンを作成する

次の画面では、最初のキャンペーンの作成をおこないます。

後から変更可能なので、通貨や地域が「日本」になっていることを確認した上で、下記のみ入力をおこなってください。

  • 予算    ⇒例 1,000円など
  • キーワード ⇒例 自社商品、サービス名など
  • テキスト広告⇒例 テストなど

④支払い方法を設定する ※要注意!

そしてお支払い方法の入力です。ここでは注意すべきポイントがあります。

請求先住所の国:日本

タイムゾーン:東京

この2つに関しては、後から変更ができないので
必ず上記になっていることを確認してください。

⑤住所・連絡先(電話番号)の入力

次に住所・メインの連絡先(電話番号)の入力をおこなっていきます。

⑥支払いタイプ・方法の設定

次にお支払いタイプを選んでいきます。

Google広告では自動支払いと手動支払いの2種類の支払いタイプがあります。

支払いタイプは、手動支払いをオススメします。

無駄にクリックされて広告費が垂れ流しにならないようにするためです。

お支払い方法は、クレジットカードが手早く支払いってくれるのでオススメです。

⑦アカウントの作成が完了!

最後に利用規約に同意をしたら、「保存して広告を作成」をクリックします。

これでGoogleアカウントの作成が完了しました!

まずは、最低限の情報でアカウントを作ろう

キーワードや広告文の作成など、初めてアカウントを作る時に悩んで手が止まりがちです。しかし、まずはアカウントを作成して、後から管理画面上で作成・編集するほうが早く進められます。

上記のようにキーワードは「自社商品・サービス」や広告文「テスト」などを
入力し、アカウントをまずは作ってしまいましょう。

検索広告を作る

Google広告の管理画面を開くとガイドラインが表示されるので、案内通りに進めれば、誰でも簡単に広告を作成できます。

まず行うのはキャンペーンの作成です。

Google広告の作成は、大きく4つの手順に分けられます。

  1. キャンペーン作成
  2. 広告グループの作成
  3. キーワードの作成
  4. 広告文の作成

概念としては、キャンペーンの中に広告グループがあり、広告グループの中にキーワードが入るため、フォルダのようなイメ―ジを持つと分かりやすいです。

図で説明すると、下記となります

キャンペーン
└広告グループ
└キーワード

①キャンペーン作成

キャンペーンを作成するには、画面左にある帯からキャンペーンをクリックし、「+」マークをクリックします。

その後、「+新しいキャンペーンを作成」を選択しましょう。

次にキャンペーンの目的を選択します。「販売」を選択してください。

次に、キャンペーンタイプを選択します。こちらは「検索」を選択してください。

目標の達成を選択します。「ウェブサイトへのアクセス」にチェックを入れてください。

その後、「続行」ボタンをクリックしてください。

ネットワークを選択します。「ディスプレイネットワーク」はチェックを外してください。

次に、予算と入札単価の設定になります。

予算は、一日に支払っても良い金額を入力してください。

入札単価は、「または、入札戦略を直接選択します(非推奨)」を
クリックして下さい。

入札単価はキーワード単位で入札金額を、自分で決めていきたいので、以下の設定をします。

「個別のクリック単価」を選択して下さい。

「拡張クリック単価を使ってコンバージョンを増やす」のチェックを外して下さい。

画面の一番下にある「保存して次へ」ボタンをクリックして下さい。

広告グループとキーワード作成

次に広告グループとキーワードの作成を行います。

広告グループの種類は「標準」にします。

広告グループ名、デフォルトの単価、キーワードを入力します。

キーワードの入力方法は、以下になります。

例:キーワードに、「ダイエット」を入力する場合

完全一致 [ダイエット] [ 、 ]でキーワードを囲む
フレーズ一致 “ダイエット” ” , ” でキーワードを囲む
絞り込み部分一致 +ダイエット キーワードの前に + を付ける
部分一致 ダイエット キーワードをそのままで入力

入力が終わったら「保存して次へ」ボタンをクリックして下さい。

広告の作成

次に広告の作成を行います。

最終ページURL、広告見出し1、広告見出し2、広告見出し3、パスを表示、説明文1、説明文2を入力して下さい。

入力が完了しましたら、「保存して次へ」ボタンをクリックして下さい。

これで、キャンペーン、広告グループ、キーワード、広告の作成が完了しました。

キーワード単価の調整

キーワード単価の設定を行います。

先程、作成したキャンペーンをクリックして下さい。

広告グループが表示しますので、先程、作成した広告グループをクリックして下さい。

キーワードが表示しますので、「上限クリック単価」へ単価を入力して下さい

デバイスごとの入札単価調整

Googe広告でパソコン、タブレット、モバイル端末に表示する広告の入札単価を変更する場合、キャンペーン単位、広告グループ単位で調整できます。

[パソコン]、[モバイル]、[タブレット] の項目に -90~+900% の値を入力します。

選択したキャンペーンまたは広告グループでデバイスへ広告を表示しない場合は、-100% と入力します。

入札単価調整の値で、-90%と入力した場合、もとの入札単価の10%となります。

同様に+900%を入力した場合、もとの入札単価の10倍になります。

例:広告グループの入札単価が20円の場合

入札単価調整:-50% 入札単価:10円
入札単価調整:+100% 入札単価:40円

最初は、入札単価調整の値は入力しないで運用して行く際に、調整していくことをオススメします。

除外キーワードの設定

除外キーワードの登録は、「キーワード」、「除外キーワード」タグをクリックして下さい。

「+」をクリックして除外キーワードを入力します。

除外キーワードの追加先を選択して下さい。

除外キーワードでは、完全一致、フレーズ一致での入力をオススメします。

部分一致で除外キーワードを登録した場合、どのキーワードで除外されているか管理できないため、部分一致は登録しないほうが良いです。

入力の方法は、キーワードを登録する場合と同じになります。

例:除外キーワードに、「ダイエット失敗」を入力する場合

完全一致 [ダイエット失敗] [ 、 ]でキーワードを囲む

フレーズ一致 “ダイエット失敗” ” , ” でキーワードを囲む

最後に

いかがでしたか?

今回、私がやっているGoogle広告の手順をお伝えしてきました。

もしわからないことがあれば、TwitterのDMか、私のメールアドレスに直接連絡してもらえれば幸いです。

それでは!

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。