スキルアップ

【副業】初心者でもできる!CWを使ったWeb ライティングの始め⽅【ライター】

【副業】初心者でもできる!CWを使ったWebライティングの始め⽅【ライター】

今回の記事は

副業として Web ライティングを始めてみたい⽅

に向けて、図解でわかる︕Web ライティングの始め⽅

を詳しく解説していきます。

  • Web ライティングはどうやって始めたら良いの︖
  • Web ライティングの案件はどうやって探すの
  • Web ライティングの具体的なやり⽅を知りたい︕

こんな疑問をお持ちの⽅にヒントを与える内容となります

副業として Web ライティングにチャレンジするなら、クラウドソワークスというサイトを利⽤すると始めやすいのでオススメです。

初⼼者でも案件が獲得できるし、その気になれば⽉収数⼗万でも稼ぐことができます。

まずはそのスタートとして、Webライティングを始める⽅法を図解で解説した内容に沿って、チャレンジしてみてください。

WEB ライティングのフロー

それでは実際に、具体的なWebライティングのやり⽅について詳しく解説していきます。

Webライティングの全体のフローをご紹介し、お仕事を進めていく全体像を把握していただきたいと思います。

Webライティングのフローは、次のような感じになります。

やりたい案件の詳細を決める

ライティング案件を探す

契約リクエストを送信する

契約を結んだらすぐに執筆開始

クライアントの要望をしっかり理解する

記事構成を検討し、⾒出しをつける

本⽂は⼀通り最後まで書いてしまう

⼀貫した流れを作った後、指定の⽂字数まで⾁付けする

記事を提出する

評価、コメントを⼊⼒する

このようなフローでライティングを進めていきます。

クラウドワークスを対象に解説していきますので、実際のクラウドワークスの画⾯をお⾒せしながら、順を追ってフローを解説していきますね。

案件を探して、契約リクエストを送信するところまでを詳しく解説していきます。

やりたい案件の詳細を決める

はじめにやる事は、⾃分がやってみたい案件を探すというところになります。

Webライティングと⼀⾔に⾔っても、各テーマやジャンルは様々です。

⾃分が得意とするジャンルや、書いてみたいテーマなど、案件を探す上でのジャンルを決めていきます。

特に書きたいジャンルもないし、テーマもよくわからないという⼈は、掲⽰板で上から順番に⾒ていくというやり⽅でも⼤丈夫です。

クラウドワークスでは、お仕事を検索する機能が標準で備わっています。

まずこの画⾯が、クラウドワークスにログインした最初の画⾯になります。

⾮常にシンプルな画⾯で、使いやすいのも特徴です。

左上に「Crowd Works」というロゴがあり、隣に「オススメの仕事」と「仕事を探す」
というボタンがあります。

「仕事を探す」というボタンをクリックすると、次の画⾯に移動します。

この画⾯では、キーワード検索で⾃由にお仕事を探すこともできるのですが、まずは仕事のカテゴリを絞り込んでいきます。

左下に「仕事カテゴリ」という欄がありますが、この中から「ライティング」に関するものだけを絞り込んでいきます。

ライティング・記事作成の中から、さらに⼩カテゴリに絞ることができます。

オススメは、

  • 「ブログ記事作成」
  • 「記事・Webコンテンツ作成」
  • 「⽂書作成」
  • 「その他(ライティング)」

あたりが取っつきやすいですね

「ブログ記事作成」で絞り込みながら、図解していきます。

ライティング案件を探す

続いては、ライティングの案件を探していく⼯程です。

先ほどの画⾯で「ブログ記事作成」をクリックすると、ブログ記事作成のカテゴリで絞り込まれたお仕事が表⽰されます。

さらに、⾃分が書いてみたいブログ記事の「キーワード」を⼊⼒して検索をかければ、具体的な仕事が絞り込まれていきます。

例えば、「ダイエット」というキーワードで絞り込んでみるとこんな感じになります。

ダイエットのブログ記事作成依頼の案件のみが、絞り込まれて表⽰されていきます。

画⾯を下にスクロールしていけば、現在掲載されているお仕事が全て並んでいるので、⾃分にあったお仕事を探すことができます。

例として、⽂字単価1円の、割と良い案件の詳細を⾒てみましょう。

こんな感じで、お仕事をクリックすると、その詳細が表⽰されます。

⽂字単価1円、⽂字数600⽂字ですから、1記事書けば600円の収⼊になります。

業務内容も、クライアントが指定したダイエット⾷品に関する⼝コミをリライトするというものなので、難易度も低めでおすすめですね。

気になる案件があれば、こうやって詳細を⾒ていきながら、⾃分がやってみたいものなのかどうかを確認してみてくださいね。

ちなみに、⽂字単価で検索することも可能です。

単価が低すぎる案件は、お仕事探しをする上でも邪魔になるので、単価で絞り込むようにしておきましょうね。

左側の欄に、「絞り込み」という部分がありますが、ここで⽂字単価を「◯円以上、△円以下」で指定できるので、「0.5円以上、2円以下」くらいで絞ると探しやすいですよ。

契約リクエストを送信する

気になるお仕事が⾒つかったら、契約リクエストを送信しましょう。

契約リクエストとは、募集されているお仕事に対して

「私がお仕事させていただきます。よろしければ契約していただけませんか︖」というオファーをご連絡することです。

クライアントは、お仕事を募集している⽴場ですが、当然のことながら仕事を発注する相⼿を選んでいます。

ただ「宜しくお願いします」とメッセージしただけでは、当然契約してもらうことなんてできません。

この⼈に発注したいと思わせることができるかどうかが重要なのです。

さて、契約リクエストの送信⽅法を解説していきましょう。

お仕事のページの右上に、「応募画⾯へ」と書かれたオレンジ⾊のボタンがありますので、こちらをクリックしてください。

そうすると、お仕事に応募するための必要事項を選択する画⾯に移動します。

こちらのページで、必要事項を⼊⼒していきます。

まず、「契約⾦額の提⽰」「⽀払⽅法」とありますが、こちらはクライアントがお仕事ごとに指定しているので、それに従ってください。

「ワーカーの受け取り⾦額」という項⽬では、お仕事詳細ページの下の⽅に、「契約⾦額」として指定があるので、そちらをそのまま⼊⼒します。

「完了予定⽇」「応募有効期間」については、特に記載する必要はありませんが、クライアントが⽇限を詳細に記載している場合は「少し前倒し」で記載しましょう。

この募集ページで最も重要な項⽬は、「メッセージ」の部分です。この案件に募集する上で、⾃⼰アピールをする唯⼀の⼊⼒項⽬だからです。

クライアントも、このメッセージを⾒て「契約するかどうか」を決めていますから、ライターにとっても最も重要な部分となります。

簡単な⾃⼰紹介とご挨拶
この案件にかける想い
これまでのライティング実績
これまでの活動内容(⽂章作成に関連するもの)
ブログのリンク、ライティング記事のリンク
契約するメリット(納期、価格、品質などのメリット)

これらをしっかり提案することができれば、初⼼者でも案件を勝ち取ることは⼗分に可能です。

今⽇からすぐにチャレンジしてみてくださいね。

おわりに

いかがでしたか?

Webライターをしたいけど何から始めたらいいのか、わからない方に解説しました。

クラウドワークスなどでこういう風に1つずつこなしていくと実績と自信がついてくるのと同時に収益も入ってくるのでかなり成果がでやすいです。

また在宅で期限内であればいつでも仕事ができるのが魅力的ですよね。

まずはプロフィールを整えておくとスムーズに契約されやすいです。

誰しも最初はこうやってコツコツと実績を積んでいますので怖がらずぜひ挑戦してみてください。

それでは!

⇩応援の1クリックお願いします!⇩
ブログランキング・にほんブログ村へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。