ブログ

【初心者ブロガー】読みやすい文章のため、 レイアウトを意識する【ライター必見】

【初心者ブロガー】読みやすい文章のため、 レイアウトを意識する【ライター必見】

文章を書く目的、それは伝えたいことを確実に伝えるために書きます。

ですから、最後まで読んでもらい、納得してもらうことが大事です。

しかし、読みにくい文章では、最後まで読んでもらうことができません。

今回は読みやすい文を書くこと、伝えたいことを確実に伝えるための方法をご紹介します。

なぜ途中で見るのをやめてしまうのか

途中で読むのをやめてしまう理由は、

1 つ目は、「大量の文章がずらりと並んでいて、読む気が失せた」

2 つ目は、「初めて見るカタカナ表記、読めない漢字が多かった」

3 つ目は、「文章のテンポ(リズム)が悪く、読みにくい」

の3つになります。

人は文書を読むときに、頭の中で音読していて、リズム(テンポ)が悪い文章は、読みにくいと感じてしまいます。

ですから、読みやすく書くには次の点に注意して書く必要です。

空白行を入れる
見出し・小見出しを入れる
目次を入れる
漢字・ひらがな・カタカナを書き分ける
体言止めでリズムを生み出す
重複表現を避ける
同じ表現を繰り返さない

今回は

  • 空白行を入れる
  • 見出し・小見出しを入れる
  •  目次を入れる

について解説していきたいと思います。

空白行を入れる

まずは、空白行の有り・無しの文章を比べてみましょう。
▼空白行を入れない文章

・大量の文章がずらりと並んでいると圧迫感があり、読む気がしな
くなります。
▼空白行を入れたレイアウト

空白行を入れただけで、余白が増えて第一印象が良くなります。

空白行の入れ方は、パラグラフとパラグラフの間、すなわち、統一した文章の間や、ひとつのテーマ・話題が切り替わるときに入れます。

または、文章が続いて読みにくいと感じる場合に、適宜空白行をいれましょう。

目安は 3~5 行ぐらいが良いです。

見出し・小見出しを入れる

次の画像を比べてみましょう。
▼見出しがないレイアウト

見出しがないと、全体が同じトーンで書かれているので、メリハリが
無く、目にとまる場所も無く見づらいです。
▼見出しを入れたレイアウト

見出しを入れるとメリハリが出て、見出しに目がとまるようになります。

また、見出しで概要がつかめるようになります。

▼見出しの種類

見出しの種類には、「大見出し、中見出し、小見出し」の三つがあります。

見出しの入れ方は「大見出し⇨中見出し⇨小見出し」の順番で入れ、階層構造が分かるように入れます。

たとえば、大見出しを文字サイズ 20 ポイントの太字、中見出しを文字サイズ 18 ポイントの太字、小見出しを文字サイズ 16 ポイントの太字にして、先頭にマークをつけるなどで、別の階層であることを分かりやすくします。

自身であらかじめ見出しのルールを決めておきましょう。

以上のように見出しを入れることで、文章にメリハリが出ます。

また、見出しがアイキャッチ代わりになり、分かりやすいです。

さらに、見出しの大きさで文章全体の階層構造がわかり、見出しを読むことで文章全体の概要がつかめます。

目次を入れる

次の画像を比べてみましょう。
▼目次がないレイアウト

長文の場合、目次がないと全体像がつかみにくいです。
▼目次を入れたレイアウト

目次を見ることで、全体に何が書かれているかが把握できます。

また、目次を見て読みたいところだけ読むということもできます。

Web サイトの場合、目次と見出しをリンクさせておくことで、ワンクリックで読みたいところに移動できるので、読者は簡単にその部分を読むことができます。

目次の入れ方は、階層構造が分かるように太字にしたり、文字を大きくしたり、または、字下げするなどしましょう。

読者は、目次を見て読みたい項目を探すので、目次と見出しを完全一致させておくことが大事です。

目次に関しても、見出しと同様に自身でルールを決めておきましょう。

○目次の例
<目次>
1.外国人人気 No.1「伏見稲荷大社」
1)歴史
2)見どころ
3)アクセス

○目次に対する本文見出しの例
正 1.外国人人気 No.1「伏見稲荷大社」
誤 1)外国人人気 No.1「伏見稲荷大社」
誤 1.約 1 万基の鳥居が圧巻「伏見稲荷大社」

誤 1 は、目次と見出しの番号の違いです。

誤 2 は、目次と見出しに書かれていることが違います。

目次と見出しは完全に一致させないと、読者は混乱し離脱の原因になります。しっかりと一致させましょう。

まとめ

正しい文章を書いても、読みにくい文章では最後まで読んでもらえません。

そこでこの記事では、レイアウトに気をつけて読みやすくする方法を解説しました。

空白行を入れれば圧迫感をなくし、文章やテーマの切り替わりを分かりやすくすることができます。

空白行を入れるところは、パラグラフとパラグラフの間、テーマ(話題)の切り替わるところ、文章が続いて読みにくいと感じるところに入れていきましょう。

(3~5 行が目安)見出しは文章にメリハリをつけ、その見出しをアイキャッチにすることができ、読者を惹きつけることができます。

見出しを入れるときは、階層構造が分かるように工夫し、その見出しを読むことで、文章全体の概要がつかめるようにする。

目次は、全体に何が書かれているか把握させることができます。

また、読者は目次を見て、読みたいところを読むことができます。

Web サイトの場合は、目次と見出しをリンクさせておくことで、読者は読みたいところにワンクリックで移動でき、すぐに読めます。

目次を入れる時も、階層構造が分かるように工夫し、目次と見出しを完全一致させましょう。

見出し・目次ともルールを決めておきましょう。

それでは!

⇩応援の1クリックお願いします!⇩
ブログランキング・にほんブログ村へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。