スキルアップ

【自分を変える】転職をするタイミングとは?6つのコツで見極めよう!【チャンス】

【自分を変える】転職をするタイミングとは?6つのコツで見極めよう!【チャンス】

仕事を辞めるのは怖いかもしれないが、キャリアのためにできる最良のことである場合もあるとチェイ・ホワンは言います。

この記事では転職時期の見極め方と、それに向けて考え方、そして行動するため準備をご紹介します。

チェイ・ホワンって誰?

チェイ・ホワンさんは15年のキャリアの中で

  • 英語教師
  • 弁護士
  • ビデオクリエイター
  • トイレットペーパーのセールスマン

現在はBoxed.comの共同創設者兼CEOという肩書を持っています。

なぜ一件かなりエリートに見えますがなぜこのように何度も転職活動を行い、また転職活動先もバラバラなんでしょうか?

英語教師から転職し、弁護士になり、2~3年他のサラリーマンと同様夜遅くまで働いていました。

しかし、自分のやっている仕事が得意とは思っていても、好きではないと感じていたそうです。

そこで気づき、何かを上手くなるためには、何万時間とはかからなくても、何年もかかるのであれば、今やっていることこの時間は無駄になる、と。

飛躍をする準備のできている人向けの話です。

チェイ・ホワンさんは

「人生で大切なことは自分が愛せる仕事を見つけること」

と言っています。

単純に聞こえますが、実際はかなり難しいですよね。

具大的にどうやって見つければいいのか?

それについて答えています。

転職について考える時

まず転職に向けた準備が整う前に3点考えなければならないことがあります。

  1. 職業人生とは学びである
  2. 転職は直観
  3. 短絡的な痛みを回避するためはやめよう

1 職業人生とは学びである

もう学びたい気持ちがないのであれば、それは大きな危険信号です。

今いる業種ではあなたの望む未来はないかもしれません。

2 転職は直観

眠れない夜が続き、天井を見つめながら

「天井を見つめて、自分が変わろうとしてないな」

と考えるなら自分の直観を信じよう。

その直観が転職をするタイミングかもしれません。

3 短絡的な痛みを回避するためはやめよう

上司が嫌いだとか職場の人間関係がめんどくさいというのは自分のキャリアを捨ててまで変えてしまうのはとても勿体ないです。

転職というのは基本的に下積みから始めることになります。

給料が減ったり、今の待遇より悪くなったり、肩書が無くなったりなどデメリットが多いです。

転職すべきと確信したら

今すぐやるべきことが3つあります。

  1. 人とのつながりを大切に
  2. お金を貯める
  3. 副業をしてみよう

人とのつながりを大切に

外に出たり、テクノロジーを使ったりして人と繋がること。

できる限りよい師匠に出会い、よいアドバイスがもらえる環境を築くこと。

元々繋がっていた人を切らないこと。

人の繋がりはどこかで助け合いになります。

めんどくさい、煩わしいと思うのは人間ですから当たり前ですが、その繋がりは大切なものだと覚えておきましょう。

お金を貯める

現実的には転職活動はお金がかかりますし、新しく起業をしたり、何かを学ぶのあればお金は必要です。

切羽詰まっての転職は自分の判断力の低下になり、焦ることで自分の転職活動に影響がでます。

お金があることは余裕を持たせることができるキーアイテムです。

最低半年~分の生活ができるまでのお金を貯めておくのがベストです。

副業をしよう

まだ行動するのが怖い、リスクが怖いというのであれば、スキマ時間や週末起業といった少しの行動でできることからやってみましょう。

興味のある分野や、学びたいことを積極的に自分で動くことで本当に好きかどうかの判断や続けることができるかが見えてきます。

またうまくいけば収益にも繋がるのでまさに一石二鳥です。

まとめ

最後にまとめますと

転職について考える時

  1. 職業人生とは学びである
  2. 転職は直観
  3. 短絡的な痛みを回避するためはやめよう

転職すべきと確信したら

  1. 人とのつながりを大切に
  2. お金を貯める
  3. 副業をしてみよう

この6つをしっかり覚えておきましょう。

新しいことを始めるときは不安でしょうが、大丈夫です。

あなたの周りの人々は必ず応援してくれます。

あなたの一歩が自分の人生を変える分岐点になるはずです!

それでは!

⇩応援の1クリックお願いします!⇩
ブログランキング・にほんブログ村へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。