スキルアップ

文章をコツは〇〇〇が大事!読者が苦痛にならない文章とは?

文章をコツは〇〇〇が大事!読者が苦痛にならない文章とは?

読みやすい文章を書くには同じ表現を使わないことが大事です。

同じ表現ばかり使うと単調で幼稚な文章となり、大変に読みにくいです。

読みにくいと読者は苦痛に感じ読むのをやめてしまうので、せっかく書いた文章がもったいないと感じます。

このようなことがないように書く方法として最もベストな方法は同じ表現をしないことが大切です。

ブログ・メルマガ・SNS などで、そのような文章を書いて、後で後悔しないように、この記事を参考に書いていくことが必要です。

文章はリズムが大事

ここまでの文章を読んで、どのように感じましたか。

この文章は、わざと同じ表現を使い書きました。

私だったら、このような文章が続くと、リズムが単調で読み飽きてし
まい、途中で読むのをやめてしまいます。

読みやすい文章を書くには、リズムを意識し、次の点に注意して書きましょう。

  • 空白行を入れる
  • 見出し・小見出しを入れる
  • 目次を入れる
  • 漢字・ひらがな・カタカナを書き分ける
  • 体言止めでリズムを生み出す
  • 重複表現を避ける
  • 同じ表言を繰り返さない

そこで、この記事では、

  • 重複表現を避ける
  • 同じ表言を繰り返さない

について解説していきます。

重複表現を避ける

重複表現とは同じ意味の言葉を重ねて使うという意味で二重表現とも言います。

上記の文章を例に上げると

「最もベストな方法は同じ表現をしないことが大切です。」

「後で後悔しないように、この記事を参考に書いていくことが必要です。」

の赤い文字が重複表現となります。

最もベストを例に上げて、重複表現を解説します。

「ベスト」は、そもそも「最も良い」という意味です。ですから、「ベスト」と「最も」が重複している表現となります。

したがって「ベスト」か「最も」のどちらかを削除しましょう。

修正すると

「ベストな方法は同じ表現をしないことが大切です。」

または

「最も良い方法は同じ表現をしないことが大切です。」

となります。

重複表現の例

同じ表現を繰り返さない

文中、文末に同じ表現が繰り返し使われていると単調で幼稚な文章に見えてしまいます。

読者からしたら、そのような文章は読みにくく離脱してしまいます。

ですから、同じ表現を繰り返さないように工夫して書くことが大切です。

【文末に同じ表現を繰り返している例】

『時間の使い方が上手い人は、時間を自分の為に使っています。

たとえば、読書、仕事のメール確認など、自分のやらなければならないことに時間を使っています。

私も仕事の休憩時間にスマホで本を読んでいます。歯磨きの時間などにも、スマホで本を聞いています。』

  • 文末が「~います」の繰り返しになっています。
  • 単調で、幼稚な印象を与えている。
  • 単調なため、テンポ(リズム)が悪い。

単調な感じがする場合には、文末に変化を加えましょう。

修正文の例

『時間の使い方が上手い人は、時間を自分の為に使用している。

たとえば、読書、仕事のメール確認など、自分のやらなければならないことに時間を使用。

私も仕事の休憩時間にスマホで本を読んだり、歯磨きの時間などにスマホで本を聞たりしいている。』

【文中に同じ表現を繰り返している例】

悪い文の例

『企画会議では、スタッフはさまざまな課題について長時間考えています。

企画者が作った資料をもとに考え、設計書を見ながらさらに考えます。』

  • 文中に「考える」を繰り返し使っています。
  • 単調で、幼稚な印象を与えてしまっている。
  • 単調なため、テンポ(リズム)が悪くなってしまいます。
  • 単調な感じがする場合には、他の言葉に置き換えてみましょう。

良い文の例

『企画会議では、スタッフはさまざまな課題について長時間アイデアを巡らせています

企画者が作った資料をもとに熟考して、設計書を見ながらさらに議論を重ねます。』

ただし、あえて強調したいキーワードや統一すべき名称等は統一しましょう。

表現がバラバラだと表記揺れだと捉えられることがあります。

例)「お客さまの課題」と「お客様の問題」という表記が混在している

など
では、実践してみましょう。

まとめ

読みやすい文章を書くには、文章のリズム(テンポ)を意識して書くことが大事です。

また、書いた文章が単調で幼稚な印象を与えてしまうと、次の記事も読んでみたいという気持ちが薄れてしまいます。

そうすると読者は離れていくので、注意して書くことが必要です。

そのためには、同じ表現を繰り返さないことが大切です。

文章を書いたら、重複表現はないか、文中、文末に同じ表現を使っていないかを確認しながら書いていきましょう。

読者が次も読みたいと思える文書を書くことが大切です。

それでは!

⇩応援の1クリックお願いします!⇩
ブログランキング・にほんブログ村へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。