ブログ

分かりやすく文章を書くコツは〇〇〇〇書くこと!

分かりやすく文章を書くコツは〇〇〇〇書くこと!

分かりやすい文章とは、短い文で伝えたいことが一つに絞られている文章です。

書いてある情報が正確で読みやすい文章でも、内容が伝わってこない文章だと、読者は読むのをやめてしまいます。

文章が長くなればなるほど言いたいことが伝わらないです。

読んでいて疲れ、最終的には「結論はなに?」と思うことがあります。

一文が長いと、人によっては解釈がわかれ、誤解を生む文章となるので注意が必要です。

ですから、短文で文章を書いて分かりやすく読者に情報を届けましょう。

そこで、この記事では、

  • 「分かりやすく書く」ことが大切な理由
  • 一文一義で文を短く書く

について解説します

「分かりやすく書く」ことが大切な理由

文章を書く目的、それは伝えたいことを確実に伝えるために書きます。

ですから、最後まで読んでもらい納得してもらうことが大切です。

しかし、分かりにくい文章では、納得してもらうことができません。

分かりにくいと感じただけで読むのをやめてしまうこともあります。

その結果、最後に重要なこと、本当に伝えたいことが書いてあったとしても、読んでもらうことができないです。

分かりやすく文章を書くことは、伝えたいことを確実に伝えるために重要になります。
読者が途中で読むのをやめてしまう原因は、

  • 分かりにくい箇所にぶつかり読み進められなくなったとき。
  • ちょっとしたことで引っかかってしまい、読みたい気持ちが失せてしまったとき。
  • 途中で誤解してしまって、混乱したとき。

の三つです。

そこで、この記事から分かりやすく書くコツを紹介します。

一文一義で文を短く書く

まずはこの文章を見てください。

『最近、私が BtoB 事業者様と話しをしていて感じることは、セールスの部門においては SFA の導入によって効率化が進んできたのにも関わらず、マーケティングの部門の効率化には未着手な企業が多いのではないかと思います。』

この文章から読み取れるのは、

  • 私が BtoB 事業者様と話して感じたこと
  • セールスの部門においては SFA の導入によって効率化が進んできたこと
  • マーケティングの部門の効率化には未着手な企業が多いこと

です。

このことを防ぐには、一文一義で文を短く書き、分かりやすくすることが大事。

一文一義とは「ひとつの文で、ひとつだけ伝える」書き方のことです。

一文一義のルールは、文章のテクニックの基本となります。

一文が長いと駄目な理由は他にもあり、一文が長いと、頭に残りません。

また、人によって解釈が異なる文となり、誤解を生みます。

長い文だと「ねじれ」、主語と述語の係り結びがうまくいっていない文になることがある。

ですから、文を短く書き分かりやすくすることが大切です

修正文の例 1

『最近、私が BtoB 事業者様と話しをしていて感じることは、セールスの部門においては SFA の導入によって効率化が進んできたのにも関わらず、マーケティングの部門の効率化には未着手な企業が多いのではないかということです。』

これで、主語と述語の関係性は良くなりましたが、まだ文が長いです。

修正文の例 2

『最近、私が BtoB 事業者様と話しをしていて感じることは、以下の2 つです。

1)セールスの部門においては SAF の導入によって効率化がすすんできた。

2)にも関わらず、マーケティングの部門の効率化には未着手な企業が多い。』

【参考】脳の仕組みを知ろう

  • 文章を読むときは、「短期記憶」がメインで働きます
  • 処理能力の低い「短期記憶」で処理できるように工夫して書くことが大事です。
  • 詰め込みすぎは NG

短文、重文、複文について

  • 文には、短文、重文、複文の 3 種類があります。
  • 重文、複文になると、文が長くなり、意味が伝わりづらくなる場合
    があるので注意です。
  • 全てを短文にすると、かえって読みにくくなる場合もある。バランスやテンポ(リズム)を考えましょう。

長い文と短い文、それぞれのメリット/デメリットを知る

短い文だけで文章を書くとテンポ(リズム)が悪くなり、読みにくい文章となります。

長い文と短い分のメリット・デメリットを知り、使い分けていきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

文章は最後まで読んでもらい、納得してもらうことが大事です。

分かりにくい文章は最後まで読んでもらえません。

長い分では、解釈の違いや誤解を生み、読者は混乱してしまいます。

また、文章を読むときは、脳の仕組みの関係で「短期記憶」が働きます。

ですから、「短期記憶」で処理できるように工夫して書くことが必要。

そのためには、まず短い文、一文一義を心掛けて書くことが基本です。

一文一義で書いたあとに、文章のバランスとテンポ(リズム)を考えます。

バランスとテンポ(リズム)が悪いと感じたら、長い文と短い文のメリット・デメリットを意識しながら書き直していきましょう。

長い文を書くときは、主語と述語の「ねじれ」に注意して書くことが大切です。

分かりやすい文書を書けば、最後まで苦痛を感じずに読んでいくことができ、伝えたい情報を伝えることができます。

それでは!

⇩応援の1クリックお願いします!⇩
ブログランキング・にほんブログ村へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。