考え

心のだるさを素早く解消する方法

心のだるさを素早く解消する方法

何となく体がいつもだるい。

行動する気力も湧いて来ない。

特に心の病や悩みがある訳でも無いのに、なぜかいつも気が重く体もだるい。

この原因の一つには、体のエネルギーを作る働きを持つ、細胞の中にあミトコンドリアが少ないため。

ミトコンドリアを増やすには、筋肉量を増やすことが大切。

だからと言って、トレーニングジムなどに出かける必要はありません。

心も体もだるい時に、そんな気になれませんよね。

ならば、通勤途中になるべく歩く。

エレベーターやエスカレーターを使わずなるべく階段を上り下りする。

このように、筋肉を使うことを意識するだけでも、だるさは解消します。

筋肉は使い過ぎると疲れますが、あまり使わないのも、エネルギーを作らなくなり、やはり体がだるくなります。

そして、もっと大切なことがあります。

それは脳細胞のエネルギー不足。

人間の脳は体全体の 20%のエネルギーを消耗すると言われているので、脳細胞のミトコンドリアが少なくなりエネルギー不足になると、どうしても、だるい気分が続きます。

そんな状況を解消するにはコツがあります。

ある事を意識すれば、たちまち脳にはエネルギーが溢れるようになります。

今回は心のだるさを解消するため、脳にエネルギーをあふれさせるコツをご紹介します!

好奇心を持つこと

誰かと会って話をしている時にはその人がどんな人なのか、しっかり興味を持ってみましょう。

身に付けているアクセサリーや服など、無理矢理にでも好奇心を持ってみて下さい。

何でも良いので、好奇心を持って人に話しかけてみて下さい。

基本的に人は、自分に興味を持ってくれる相手には好印象を持つものです。

好奇心から近づけば、話も弾み、様々な気付きが得られるでしょう。

その気付きはさらに頭を使うことになり、脳を活性化させます。

結果、脳内にエネルギーを作り出すミトコンドリアが増えることになります。

だけど……心までだるい時には人のことになんか興味は持てない!!

そうですよね、よくわかります。

誰でもそうでしょう。

ですが、無理矢理にでも好奇心を持つのです。

それを意識するだけでいいのです。

興味が持てなければ、それはそれで仕方がありません。

ならばさっさと諦めて、街中の風景などに好奇心を向けてみましょう。

何か興味を惹くものがあるのでは?

それとも、外を歩くことすら面倒くさいのでしょうか?

ならば、何でこんなにだるいのだろう?

と、自分に好奇心を持ってみては?

それだけでも、脳内ではかなりの神経ネットワークが活動を始めることになり、ミトコンドリアが増え出します。

好奇心を持つ事がきっかけとなって、脳内のエネルギーが高まり、気が付いたら心のだるさは解消して来るでしょう。

自律神経の働きのバランスから言えば、人がだるさを感じるのは、交感神経の働き過ぎにより、疲れている時だけではありません。

副交感神経の働き過ぎのため、心身ともに活動不足になると、エネルギーを作り出すミトコンドリアが少なくなり、だるさを感じるようになります。

どちらに偏るのも良くはないですね!

強いだるさを感じた時には、

  • 筋肉を使う。
  • 好奇心を持つ。

これを意識して解消しましょう。

好奇心で人に好かれる人・嫌われる人

人に好奇心を持って近づけば、脳も活性化され、心のだるさも解消する。

そんな話をしました。

しかし、全く共感出来ない!!

好奇心を持って人に接しようとすると、ほとんどのケースで避けられる。

嫌われてしまう。

そうなってしまうには、ある理由があります。

それは、好奇心以外の欲求と一緒に人と接しているから。

好奇心以外の欲求って何?

説明させていただきますね。

心理学には人間の欲求について様々な分類の方法がありますが、そのうちの一つに、5 大欲求という分け方があります。

  • 生存の欲求
  • 性欲
  • 好奇心
  • 群居衝動の欲求
  • 自己重要感・所属の欲求

このような分類方法を使って説明します。

“生存の欲求”とは生きるために必要な全ての欲求。

食欲や睡眠欲に加えて、お金を得ることなども含まれます。

“性欲”とは、男性は男性らしく、女性は女性らしくありたいといった、広い意味まで含ま
れます。

そして、“好奇心”があります。

“群居衝動の欲求”とは、仲間が欲しいという欲求。

孤独が好きな人も居ますが、完全に孤独になってしまうと、人は生きることが難しくなります。

“自己重要感・所属の欲求”とは、プライドを満たしたい。

何かに所属していたいという願望などを指しています。

このうち危険なのは、

“生存の欲求”と“性欲”

このどちらかを持ったまま好奇心で人と接すれば、多くのケースで相手は逃げるでしょう。

営業マンが人と接する時に、相手に対して“見込み客かどうか”という意識を少しでも持っていれば、それは必ず相手に伝わります。

隠せば隠すほど怪しさは増すだけ。

ネットワークビジネスや宗教、自己啓発セミナーなどの勧誘系の人も同じですよね。

誰しも一度や二度は何らかの勧誘を受けたことはあるでしょう。

そんな時どのように感じましたか?

表面上は、

「ありがとうございます」

と言ってはいても、良い気分では無かったのではないでしょうか?

次に性欲 これはわかりやすいですよね!

例えば、彼氏が欲しい彼女が欲しい、そんな感情全開で近づいて来る人って、思わず逃げたくなるのでは?

どんなに魅力的な人だったとしても、逆にその魅力が怪しさを感じさせることになります。

とにかく、“生存の欲求”と“性欲”はあまり親しくない人の前では、決して表に出さないことが大切です。

好奇心を相手に見せる

わかりやすく言うと、あなたが何か特殊な占いが好きで勉強しているとします。

その話をすると、

  • 「それ面白そう」
  • 「めっちゃ気になる」
  • 「どこで勉強してるの?」
  • 「今度やってみて」

などと寄って来る人に対し、どんな感情を持ちますか?

嫌な気はしないでしょう。

むしろ、あの人にまた会いたい。

と思うのでは?

好奇心で人に近づくというのは、別の言い方をすれば、一緒に居る人を“喜ばせる”ということ。

相手を喜ばせることが出来れば、お互いが楽しい時間を過ごすことが出来るので、結果的に、自分の心から“だるさ”が消え去ってしまいます。

人に対し“好奇心を持つ”

これが出来るようになると、周囲に人が集まるようになり、“群居衝動の欲求”が満たされます。

そうして仲間が増えると、“自己重要感”も満たされ、心も体も“だるい”という状態に陥らなくなって来るでしょう。

自分に対する周囲の人の評判も上がり、回り巡って、“生存の欲求と性欲”も満たされることになり、充実した生き方になると思われます。

好奇心で人に近づくとしても、自分の欲求を満たすために近づいては、だるさの解消にはなりません。

「あなたに良いお話がある」といって近づいてくる勧誘系の人達と、何も変わりません。

人に好奇心を持つというのは、“相手の人を喜ばす”ということ。

この気持ちで人に接すれば、心も体もだるさからは解消されることになります。

参考にしてみて下さい。

だるさを味方に付ける

だるさを解消するには、ミトコンドリアを増やすことが大切。

心のだるさの解消には、好奇心を持つ事で頭を使うと枯渇したエネルギーが復活して来ます。

一番良いのは、人に好奇心を持って近づき、お互いにエネルギーを高め合うこと。

だけど、心がだるい時には、人に近づきたくない。

そんな時は日常の中で、ある思考を持ってみると良いでしょう。

その思考とは?

“何でも逆方向から考えてみる”

例えば、外で人に会えば元気になれるのに、心身ともに疲れ果てて、とても外出する気分では無い。

こんな時に、どうせ部屋で寝ているのならば、疲れたから休むと考えるのではなく、部屋の中を寝ながら観察してみる。

飲食店に行った時に、食べたかったメニューが品切れだった。

そんな時は、残念に思うのではなく、今までに知らないメニューを知るチャンスと感がえてみる。

こんな例え話ばかりしていては、そんなのは、“無理矢理プラス思考に考えましょう”といった類の、どこにでも転がっている話と同じじゃないかと言われそうですね。

出来るならやってるよ!

それが出来ないくらいだるい時にはそんな話は何の役にも立たない!!

仰る通りです。ですが、やはりこれが大切なのです。
なので、なぜ大切なのか。

自律神経の働きの点

自律神経の働きの点からお話させていただきます。

人間の心身のバランスは、活動的にさせる交感神経と、休息させようとする副交感神経の二種類で周囲の環境の変化に合うように調節されています。

春から夏にかけては、太陽の熱で大気が温められて、軽くなります。

空気は軽くなると上昇する性質があるのは理科で習いましたね。

そのため、目には見えませんが、自分達が生活している環境からは空気が少なくなってしまいます。

これが低気圧です。

低気圧の環境では、人間が活動するために必要な酸素も当然ながら少なくなります。

その酸素が少なくなった環境に適応するためには、人はどうすれば良いのでしょう。

出来るだけエネルギーを無駄に使わないように、心拍数は少なくなり、呼吸の回数も減り、血管は広がり、血液の流れもゆっくりになります。

これらは全て副交感神経の働き。

環境の変化に適応するため、自然と副交感神経の働きが高まり、リラックスモードになって来ます。

ただし、この変化もバランスが大切。

副交感神経の働きが強くなり過ぎると、体も頭もエネルギーを使わなくなるので、ミトコンドリアが自然と減少してしまいます。

心も体も“だる過ぎて動けない”のは、副交感神経の働きが、強くなり過ぎている状態。

この状態を解消し、活力を取り戻すため、脳にエネルギーを作り出すには、無理にでも頭を使うことが大切。

どんな時にでもプラス思考などと、精神論を唱えたいわけではありませんが、結局のところ、同じ結論に行き着いてしまうんですね。

  • 心も体もだる過ぎて動きたくない!!
  • 人とは出来るだけ話したくない!!

そんな時には、まず頭の中にエネルギーを作り出すためのきっかけとして、何事も逆の視点で考えてみる。

極端な考え方をすれば、会社に行かなければならないが、だるくてどうしても行きたくない。

そんな時には、このだるさを解消するには?

“だるい”という感覚には、多くの人はあまり良い印象は無いかも知れません。

ですが、この“だるい”も逆に考えれば、人が便利で快適な生活を送るため、気付きを得ることが出来る感覚。

ということが出来ます。

人間は基本的に面倒くさがりです。

タイトルに付けた、“だるさを味方に付ける”

この意味は、だるさを解消するのではなく、だるい状況のままで過ごすにはどうしたら良いか?

何でも逆方向から考える思考法を身に付けておくことで、多くの人の面倒くささを解消するためのアイデアが浮かんで来るかも知れません。

そうなれば、今度は楽しくなって来ますよね!!

いつの間にかエネルギーも復活して“だるさ”も解消しているでしょう。

人間は交感神経が活発な時はある目的に向かい集中して一気に突き進むと良いようになっています。

副交感神経が活発な時には、多くの気付きを得るために、意識を向けると良いと言われています。

心身ともにだるくて仕方が無い時は、日頃気付かない、多くの気付を得るチャンス。

“だるさ”を味方に付け、このように逆方向から考えて日々を過ごしてみてはいかがでしょう。

それでは!

⇩応援の1クリックお願いします!⇩
ブログランキング・にほんブログ村へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。