せどり

副業初心者にオススメ!電脳せどりとは?稼げるコツもご紹介!

副業初心者にオススメ!電脳せどりとは?稼げるコツもご紹介!

せどりという言葉をご存知ですか?

せどりとは同業者の間で品物を取り次いで手数料を取ることを言います。

漢字は競取り、糶取りと書きます。

でも最近は一般的に掘り出し物を探して転売をして利ざやを得るという方を言います。

漢字も現在では主に本の背表紙を示すことが多く背取りというようです。

本棚に本を並べると本の背表紙が見えて選んで取るという意味で背取りという漢字が当てられ更にひらがな表記になっています。

ネットビジネスを始めるなら本の転売がやりやすいとかで人気です。

他に本だけでなくCD、DVD、ゲームソフト、古着、おもちゃ等様々なものを扱う所も多くあります。

ではせどりを探ってみたいと思います。

せどりと電脳せどりは何が違うの?

少し昔まではせどりとは実際に店、たとえばブックオフとか古本を扱う店まで足を運んでネット上の売価と仕入値の差がどれくらい出せるかを調べていました。

スマホとバーコードリーダーを持ってです。

とても時間がかかり、目立たないようにしたくても目立つように見える行動になってしまいます。

出来ることならしたくないですよね。

そこでネットで仕入れる電脳せどりが出たわけです。

ネットでとはネットで仕入れてネットで売る。

つまりネットの中で転売してしまうのです。

単なるせどりは仕入れに手間がかかります。

在庫を家にかかえてしまいます。

多くのデメリットが有りました。

電脳せどりのデメリット

電脳せどりのデメリットは実際商品を手に取れないのです。

傷み具合や汚れ具合を自分の目で確認が出来ないのです。

しっかり出品者の事を評価などを見て購入しないと汚い商品だったと言う事もあるのです。

だいたいネットショップには評価表示がされていますので評価の良い出品者から仕入れる事が出来れば問題はなくなるでしょう。

だから安いだけで判断するのは避けましょう。

これを販売するのに商品評価を間違えて販売すると信用が損なわれます。

たまに古本であれば中身にマーカーで線が引かれてしまってある物もあるのでチェックが必要です。

最大のデメリット!電脳せどりはどうしても仕入れる際に送料がかかってしまうのです。

送料が下手すると本代より高くなることがあるので仕入れには送料無料キャンペーン等を利用したいものです。

仕入先が同じところなら送ってもらう時にまとめて送ってもらうことです。

その点店舗仕入れは自分が店舗に出向くわけですから送料に値する物はガソリン代といったところでしょうか。

周りが電脳せどりと言っている時は逆にブックオフ等の店舗が穴場になることもあるので時々見ておくと良いでしょう。

開店セールや閉店セール、リニュアルオープンセールやワゴンの掘り出し物等も穴場です。

フリーマーケットも掘り出し物が見つかる事があるので是非活用してみて下さい。

とにかく送料無料を狙います。

仕入が出来ると販売になる訳ですが注文が入り送る時の送料は購入者持ちにします。

だからその送料は気にしなくても良いのですが購入者は送料の価格を気にしていますので出来るだけ安い方法を明記してあげる事です。

詳しくわかりやすく安く明記することにより購入されやすくなります。

仕入れが出来て注文が多くなってくると宅配業者と商品発送の送料の価格に関しての契約の交渉も可能なこともあるので相談してみるのもよいでしょう。

せどりに必要なものは?

せどりを始めるにはどういう物が必要なのでしょう。

ひとつひとつ説明していきます。

スマホ

ガラケーならスマホにしてください。色々便利になります。

パソコン

Amazon等に商品登録をするのに必要です。

文書作成に必要です。

プリンター

注文書や納品発送に関して同封する文書作成印刷等に使います。

梱包材等の消耗品

  • カッター
  • はさみ
  • セロハンテープ
  • シール剥がし
  • プチプチ
  • A4用紙
  • ラベルシール
  • 段ボール
  • その他(自分なりに必要だと思うもの)

せどりのためのアプリ

せどりに関するアプリが必要になるからです。

iPhoneであれば「せどりすと

Androidであれば「せどろいど」等が該当します。

バーコードリーダー

少々高いですがスピードに差がでます。

FBAと契約をする

これはどちらでもいいのですが作業と時間の差がかなり違います

FBAと契約しないと

仕入れた→注文が入る→在庫を管理している部屋に行き探す→注文書と手紙等と一緒に傷がつかないように梱包→発送

上記作業をするのですが最初は良いでしょう。

しかし注文が増えてくるとこの作業がとても大変になってくるのです。

家が在庫を抱えそのうち商品でいっぱいになってきます。

ご家族から文句も出てくることと思われます。

FBAに入るとこの心配がなくなります。

仕入れた商品をAmazonに送るだけです。

  1. インターネットから商品を注文し仕入れる
  2. 宅配業者から商品が届く
  3. 商品を確認し傷や汚れ具合をチェックする
  4. Amazon に送る
  5. Amazon で販売する
  6. 注文が入ると Amazon が梱包から発送までしてくれる
  7. 利益が発生

FBAは注文が入るとあなたの変わりに作業を全てしてくれるのです。

だから家に在庫を抱えることもなく注文が入ったお客様に届けてくれるのです。

クレームもAmazonが引き受けてくれます

Amazonの配送作業の要領が良いので評価も良くAmazonの評価はあなたに付くことになります。

金額は月額費用と品物の配送料は要りますがこのメリットを使わない手はありません。

でも最初にするならまず基本的な事を学ぶために店舗せどりから始めるといいと思います。

店舗せどりをするなら注文が入った後の発送の送料がとてもポイントになります。

発送量がとても多ければ宅配業者は送料を割引してくれることがあるのです。

せどりを始める時に条件を聞いておくことがポイントです。

ここで購入者へ明記している送料込価格を受け取るので送料での差額が発生して利益となるのです。

つまり1円でも稼げるのです。

慣れてきたら電脳せどりがいいでしょう。

終わりに

基本的な流れはこんな感じですがいかがでしたでしょうか

店舗に出向くと思いがけないレアな物にも出会うラッキーなことも起こることがあるのでせどりの魅力のひとつです。

基本的な流れは一般のお店のしていることと同じなので初心者には受け入れやすいビジネスのひとつと言えるでしょう。

それでは!

⇩応援の1クリックお願いします!⇩
ブログランキング・にほんブログ村へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。